FC2ブログ

赤色、いろいろ、よりどりみどり。

一昨年の冬、植木屋さんに剪定してもらったので去年は全く実らなかったMuelekの柿。
今年は例年通りの大豊作!!
DSCN2301_convert_20181130122042.jpg
収穫するのは大変ですが、秋の終わりと冬の始まりを感じます。(*^-^*)
大量の柿、どうしようかなぁ~??



さて。
12月1日は“世界エイズデー”。1988年に世界規模でのエイズ蔓延の防止やエイズ患者・HIV感染者に対する差別や偏見の解消を目的として世界保健機構が定めたものです。

世界エイズデーに合わせたMuelekの恒例イベント・“EAT RED,THINK AIDS”、もちろんを今年も開催しま~す♪
aidsday2018店内店頭_convert_20181128221119
『恒例~♪』と言えども、『知らんがな。』という方もいらっしゃると思うので、今年も!説明しよう!!(≧∀)b

“EAT RED,THINK AIDS”とは、世界エイズデーのシンボル、HIV/AIDSに対する理解と支援を示すレッドリボンにちなみ、“赤色”を食べながらHIV/AIDSについて知って、考えてもらうMuelek式レッドリボンです。

“HIV”や“AIDS”という言葉が、“特別なもの”ではなくなって久しいですが、まだまだ“自分たちの身近にある問題”として捉えて考えていくのは簡単なコトではないかもしれません。

『なんか難しそう。』、『よく分からない・・・。』、『今のところはまぁ、関係ないなぁ。』と言って遠ざけるのではなく、“世界エイズデー”のシンボルカラーにちなんだ“赤色メニュー”を食べながら、『なんとなく』でも、『ほんのちょっとだけ』でも、もちろん『きちんと!』でも、HIV/AIDSのコトを、いつもよりほんの少しだけ近くに感じて考えてもらえたらなぁ~、という思いのもと、開店当初から続けています。


Muelekの世界エイズデー
“EAT RED,THINK AIDS 2018”
2018年12月1日(土曜日)~12月11日(火曜日)
※水・木曜日定休日
aidsdayチラシ2018-2(1)_convert_20181128221148
今年も“赤色メニュー”がたくさん、特にMuelekが誇る(?)フライパン部渾身の新作がめじろ押しです!
店主②のお気に入りは“赤米のタイ風びっくりお粥”。何がびっくりって・・・それは是非注文してご自分の目で確認してください。(≧∀)b
がっかりはさせません!!(笑)
その他にも、トマトキーマカレーや“赤”がポイントのオニオングラタンスープ、トマトとパンチェッタのケークサレなど新作いっぱい。、



そして、今年は特別なメニューがもうひとつ。
“国産チーズの4種プレート・バゲット&ライスミルク”です。
DSCN2291_convert_20181128220324.jpg
色々なご縁や想いが、Muelekのお皿の上で重なりあって生まれた一皿です。
チーズがお好きな方は是非~☆☆☆

ラズベリーソースのパンナコッタや紅玉りんごジャムのロシアンティー、赤しそジュースなど、もはや定番のメニューも健在です。
フードメニューもデザートもドリンクも、きれいで美味しい、素敵な赤色よりどりみどりでお待ちしておりま~す。



今年も期間中の50円基金は、タイのストリートチルドレンを支援しているNGO・アーサーパッタナーデック財団を通じ、子どもたちへのエイズ教育支援プロジェクトに寄付させていただきます。



12月1日は世界エイズデー。
HIV/AIDSのコトを知って、身近に感じて、いつもより少しだけ多く考えて、まだ『知らない。』という誰かに伝えてみませんか?
お腹も気持ちもあったかくなる赤色メニューのレッドリボンが皆さんのお越しをお待ちしてます。(*^-^*)




店主二。
スポンサーサイト

幸せな一日 ver.秋。

秋らしい・・・と言っていいのか分かりませんが、わりと気持ちのいい日が続きますねぇ~。
DSCN2230_convert_20181026133336.jpg
あまりの暑さでしばらくピンクパンサーだけだった床の間にも、お花が戻ってきました。(*^-^*)



さて。
秋は色々あって楽しみに季節ですが、Muelekの“幸せな”秋の日のお知らせで~す。

韓国詩朗読会inムーレック SIawase~シアワセナイチニチ 秋~
孫さん
お馴染み・・・とは言え、久々の!?韓国詩の朗読会・秋バージョン♪
今回で4回目、季節がやっとこさ(笑)一周しました。

講師を務めて下さるのは、変わらず♪韓国出身、日本での講師歴ン10年のソン・ヨンソンさん
『詩の朗読』というと、なんだかとても高尚なコトのように思えて(店主②は思ってました。。。)取っ付きにくい印象がありますが、そこは長く講師をされていたソンさんの腕の見せ所☆(≧∀≦)
ただ詩を朗読して、感想を話して終わり、ではなく、詩を楽しむための仕掛けに溢れ、詩を読む、音を楽しむ、ということ以上の面白さ、楽しさがいっぱいです。


『韓国語、分からないと難しい・・・?』という方、ご心配なく!!
韓国語が全然分からない店主①&②ですが、毎回楽しく参加させて頂いておりま~す。
もちろん『韓国語、出来ちゃいます!』という方も大歓迎。いつもとは違う角度で奥深い韓国詩の世界を楽しんでみませんか??
詩や朗読が好きな方も、『あ、ちょっと興味あるわぁ~。』という方も、是非ぜひご参加ください

“音の美しい言語”と言われる韓国語の響きを楽しみつつ、韓国詩の世界に浸る、そんな“詩”あわせな一日を過ごしてみませんか?


韓国詩朗読会inムーレック
SIawase~シアワセナイチニチ 秋~
日時:11月11日(日) 13:00~15:00
参加費:1600円
        (さつま芋クリームのカップシフォンと紅茶付きです。)
※定員は設けていませんが、小さなお店ですので予めご連絡頂けるとありがたいです。

お申込み・お問合せ
075-462-3311(11:00~18:00 水木・定休日)
info☆muelek.com(☆を@に換えて送信してください。)



今回のおやつは、ちょっと大人な隠し味が美味しいさつま芋クリームのカップシフォンです。
やっぱり食欲の秋にお芋は外せません!!(笑)

目で、耳で、舌で。
皆さんの色々な感覚を駆使して、Muelekの秋をご堪能下さいませ。(≧∀≦)




店主二。

赤いお皿にリボンをかけて。

極寒と小春日和が日々せめぎ合う中、気付けばもう12月がすぐそこに!Σ( ̄ロ ̄)
気まぐれなお天気に振り回されて、先週ちょっと風邪引いてしまいました。
PB286319_convert_20171129150027.jpg
皆さんもお気をつけくださいませ。



さて。
12月1日は“世界エイズデー”。1988年に世界規模でのエイズ蔓延の防止やエイズ患者・HIV感染者に対する差別や偏見の解消を目的として世界保健機構が定めたものです。

世界エイズデーに合わせて、Muelek開店以来続けている恒例イベントを今年も開催~♪
名前はもちろん、“EAT RED,THINK AIDS”です!
aidsday2017-1_convert_20171129150957.jpg
もうお馴染みの方にも、『何それ?』という方にも知って頂きたいので。
今年も!説明しよう!!(≧∀)b

EAT RED,THINK AIDS”とは、世界エイズデーのシンボル、HIV/AIDSに対する理解と支援を示すレッドリボンにちなみ、“赤色”を食べながらHIV/AIDSについて知って、考えてもらうMuelek式レッドリボンです。


“HIV”や“AIDS”という言葉が、“特別なもの”ではなくなって久しいですが、まだまだ“自分たちの身近にある問題”として捉えて考えていくのは簡単なコトではないかもしれません。

『なんか難しそう。』、『よく分からない・・・。』、『今のところはまぁ、関係ないなぁ。』と言って遠ざけるのではなく、“世界エイズデー”のシンボルカラーにちなんだ“赤色メニュー”を食べながら、『なんとなく』でも、『ほんのちょっとだけ』でも、もちろん『きちんと!』でも、HIV/AIDSのコトを、いつもよりほんの少しだけ近くに感じて考えてもらえたらなぁ~、と思います。(*^-^*)



Muelekの世界エイズデー
“EAT RED,THINK AIDS 2017”
2017年12月1日(金曜日)~12月12日(火曜日)
※水・木曜日定休日
aidsday2017-2_convert_20171129151047.jpg
今年も、このイベント限定の“赤色メニュー”をたくさんご用意してます。

大好評だったインドスタイルのトマトカレーがさらに美味しくなって(※味見担当調べ)今年も登場~♪
Muelek自家製☆スモークチーズとパンチェッタを使った新作ケークサレ。
ちょっと大人(?)なブルーチーズケーキやこの時期の定番!ラズベリーソースのパンナコッタに、紅玉ジャムのロシアンティー、赤しそジュース、ハイビスカスティーなどなど、ドリンクメニューも奇麗な“赤”が揃ってま~す。(≧∀≦)

期間中の50円基金は、タイのストリートチルドレンを支援しているNGO・アーサーパッタナーデック財団を通じ、子どもたちへのエイズ教育支援プロジェクトに寄付させていただきます。



HIV/AIDSについて、もっと気軽に知って、考えてもらうにはどうしたらいいかなぁ~?と考えて続けてきたMuelek式レッドリボン・“EAT RED,THINK AIDS”。
決して派手なイベントではありませんが、8回目ともなると『そろそろこの時期やね。』と、声をかけてくれはる方もいてくれはって、嬉しい限りです。



12月1日は世界エイズデー。
HIV/AIDSのコトを知って、身近に感じて、いつもより少しだけ多く考えて、まだ『知らない。』という誰かに伝えてみませんか?
Muelekは、お腹も気持ちもほっこり出来る赤色メニューのレッドリボンをご用意して、皆さんのお越しをお待ちしてます。(*^-^*)




店主二。

シネマ☆Muelek。

先日、無事7周年を迎えました。(*^-^*)
たくさんの方に祝っていただいき、嬉しい限り♪ありがとうございます~。
PA316242_convert_20171031121434.jpg
谷川花店さんで作ってもらった“花輪”のイベントは引き続きやってますので、是非ぜひかぶってみて下さい。




さて。
7歳になって初めてのイベントをしま~す。(≧∀)b
ご協力頂くのは、カンボジアとベトナムで教育支援などの活動をされている国際支援NGO・ARBA(アルバ)
メンバーの皆さんはほぼほぼ東京方面の方たちで、関西によく来られる・・・というコトもないのですが、Muelekとは映画の上映写真展の開催などなど、開店当初から不思議なご縁でつながって、7年経った今でもお付き合い頂いてます。
この場を借りまして、これからもどうぞよろしく~。m(_ _)m


そのARBAから、今回も『さすが!』と、うなる逸品の映画を紹介して頂き、Muelekでの上映会が実現しました!
PA316244_convert_20171031121616.jpg
映画と話 映画の話 映画“消えた画”上映会

日時:11月18日土曜日 13:00~17:00
13:00~ 第一部:映画『消えた画』上映(95分)※上映中の途中入場は出来ません。

15:00~ 第二部:ARBA 御園生純さんトーク
参加費:500円
定員:20名(ご予約優先)

お申込み・お問合せ
075-462-3311(11:00~18:00 水木・定休日)
info☆muelek.com(☆を@に換えて送信してください。)



ポル・ポト率いるクメール・ルージュによる虐殺の記憶を描いた『消えた画~クメール・ルージュの真実~』は、収容所を逃れ、映画監督となったリティ・パニュ監督による作品で、2013年の第66回カンヌ国際映画祭において、“独自性の高い”作品に送られる「ある視点」部門のグランプリを獲得している作品です。

上映後は、ARBAの御園生純さんによる映画解説・・・なんて固いコトは言わず(?)、映画の背景、カンボジアのあれやこれや、ARBAのコト・・・色々語って頂こうと思っています。


Muelekが7歳になって、初めてやるのがARBAとの共同企画というのもご縁ですなぁ~。(≧∀≦)
『消えた画』に興味のある方も、映画は知らないけど見てみたい!という方も、カンボジアのコトを知りたい方も、『実は御園生さんのファンなんです。。。』というコア(!?)な方も、一日限定の“シネマ☆Muelek”へ、是非ぜひ足を運んでください。



【上映にあたってのお断り】
★Muelekは、映画上映を目的としたお店ではありません。 プロジェクター投影のため、場所によっては見づらいかもしれません。
またご近所の生活音等もありますが、細かいことを気にせず楽しんでいただければ幸いです。

★お席は畳に座布団です。周囲の迷惑にならない限りは、寝転がって観ていただいても構いません。万が一、椅子席でないと難しい場合は、事前にご相談ください。

★上映中のご飲食はお控えください。1部と2部の間に、ドリンクと軽食の販売をさせていただきます。




店主二。

チャ☆ちゃ☆茶。

台風が目前に迫った10月21日。
にほんちゃギャラリーおかむら・主宰の岡村友章さんをお迎えし、“日日是好”無事終了しました~。(≧∀≦)
Ver2-茶会1021チラシ_convert_20170920125020
結構な雨の降る中集まって下さった皆さん、岡村さん、本当にありがとうございました。



さて。
お茶会は、エプロン姿が素敵な岡村さんの軽妙なトークでスタート。
PA216210_convert_20171023164555.jpg
日本茶に興味を持つきっかけになったお祖父さまの故郷の話から始まり、にほんちゃギャラリーおかむらを始めたきっかけや、出会って来られたたくさんの方々のお話、専業お茶屋さんになろうと決意された時に茶農家さんから全力で『止めとき!!』と言われたという、ちょっと微笑ましい(いや、がっつり笑える)エピソードあり、日本茶の基本・・・そもそも日本茶ってどんなもの??という真面目な話あり、乗せ上手な岡村さんとノリの良い参加者の皆さんの掛け合いあり。。。で、どんどん時間が経って行きました。(≧∀≦)



こちらは、岡村さんイチ押しの九州の茶農家さん。
伝統的な釜炒り製法でお茶を作れる数少ない職人さんでもあります。
PA216213_convert_20171023164620.jpg
写真や動画で茶葉の扱いや作業の様子を見せていただきましたが、いやはや凄い!Σ( ̄ロ ̄)
岡村さんの語り口から、『ああ、この方とこのお茶に惚れてはるんやなぁ~。』というのがよく分かりました。
もう・・・何がどんだけ凄いか!?というのは説明しきれないので(笑)、是非ぜひ一度岡村さんの生トークを聞いてみて下さい。(≧∀)b



岡村さんが惚れ込んだお茶がこちら。φ(・▽・)
PA216214_convert_20171023164639.jpg
職人技の詰まったお茶の葉からは、香ばしく、少し甘い・・・なんというか、高級なチョコレートのような香りがしました。(*^-^*)



とても貴重なお茶ですが、今回のお茶会のメインとして、岡村さんが淹れて下さいました。
PA216217_convert_20171023164745.jpg
ふわぁ~っと、いい香りが部屋に広がって。う~ん、幸せ~♪



淹れてもらったお茶は、シンプルなんやけど深みがあり、香りも良くって・・・とにかく、めっちゃ美味しかったです。
PA216226_convert_20171023165134.jpg
『美味し~。』、『こんなお茶飲んだことないねぇ。』、『何杯でもいける!!』と、参加者の皆さんにも大好評でした。

『“釜炒り茶”っていうと、“何それ?”となるコトがほとんどだけど、本当に美味しい、めっちゃくちゃ美味しいお茶なんだ、というコトを皆さんに知ってほしい!』と、岡村さん。
いやもう、すっかりファンです、お茶にも、岡村さんにも。(≧∀≦)



そして。
今回、Muelekとにほんちゃギャラリーおかむらのスペシャルコラボ☆というコトで、Muelekではお馴染みのカレンの森の釜炒り茶を岡村さんに淹れてもらっちゃいました。
P6161696_convert_20130706153435.jpg
お茶の葉の種類の違いはありますが、作業工程としては日本の釜炒り茶もカレンの釜炒り茶もほとんど同じ。
そんなところに岡村さんが興味を持って下さって、今回のお茶会が実現したと言っても過言ではありません。
ヒンラートナイ村の皆さん、ありがと~。(T^T)



いつもカレンの人たちに倣って(笑)、割とワイルドにお茶っ葉を炒ってますが、さすが!専門家は違います!!仕事が丁寧!!!
PA216220_convert_20171023165438.jpg
岡村さんに炒ってもらっている間に、店主②がカレンの釜炒り茶の話をチョロっとさせてもらいましたが・・・まぁそこは割愛。(笑)



さてさて。
岡村さん淹れて頂いたカレンの釜炒り茶を飲んでみると!!Σ( ̄ロ ̄)
PA216221_convert_20171023165031.jpg
よく知ってる味のはずなんですが・・・『え?これってこんなに美味しいの!?』と、提供している側の店主①&②が驚いちゃいました。
これからMuelekで出す時は・・・精進いたします。。。



お話もお茶も一段落し、続いて岡村さん厳選のお茶っ葉の試飲&販売もしてもらいました。
PA216207_convert_20171023164856.jpg
並んだお茶を見て、『こんなに釜炒り茶ばっかり並んでると面白いなぁ~。こんなに揃えてるところってうちくらいやなぁ。(笑)』と、笑顔の岡村さん。
ホンマにお茶好きなんですねぇ~。(≧∀≦)



参加者の方に『どのお茶がおすすめですか?』と聞かれると、『う~ん、もう・・・全部ですね!』
正直過ぎます。(笑)
PA216222_convert_20171023165502.jpg
お茶のパッケージを一つずつ手に取り、『これは奈良の。。。』、『これは水俣の。。。』、『ここのお父さんがねぇ。。。』、とお茶の説明や茶農家さんとのエピソードを話してくれはるのを聞いてると、確かに全部飲みたくなります。



『これを試飲してみたい。』というリクエストに応えて、お茶を淹れてくれはる岡村さん。
PA216224_convert_20171023165056.jpg
気前良く『これも飲んでみますか?』と、次々に違うお茶を淹れてくれはるので、岡村さんの周りから離れられない参加者の皆さん。(≧∀≦)


外は雨と風がザーザー、ビュンビュンゆうてましたが、Muelekはなんともふんわりとした空気に包まれ、2時間(ちょっとオーバー)の時間は“あっ”という間に過ぎて行きました。
美味しいお茶と素敵な岡村さんに酔いしれて、踊り・・・出しはしませんが(笑)、ホントにホントに楽しい一日でした。
またお茶会したいなぁ~♪




ちなみに。
今回はお茶菓子にたまごボーロを作ってみました。
PA216219_convert_20171023164807.jpg
岡村さんからのリクエストは『カレンの人たちのおやつとか…。』だったのですが、さすがにそれはハードルが高過ぎて無理だったので(笑)、『お茶の味を損なわない、でも食べ応えのあるお菓子!』というコトで。
なかなか美味しく出来て、ご好評頂きました…と自画自賛。(≧∀)b





店主二。
プロフィール

mue*lek

Author:mue*lek
ムーレック“のんびり、ちょっぴり、世界とつながる”をコンセプトに、アジアを主とする世界の子ども支援を目的とした、町屋スタイルのカフェ&雑貨ショップです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR