シネマ☆Muelek。

先日、無事7周年を迎えました。(*^-^*)
たくさんの方に祝っていただいき、嬉しい限り♪ありがとうございます~。
PA316242_convert_20171031121434.jpg
谷川花店さんで作ってもらった“花輪”のイベントは引き続きやってますので、是非ぜひかぶってみて下さい。




さて。
7歳になって初めてのイベントをしま~す。(≧∀)b
ご協力頂くのは、カンボジアとベトナムで教育支援などの活動をされている国際支援NGO・ARBA(アルバ)
メンバーの皆さんはほぼほぼ東京方面の方たちで、関西によく来られる・・・というコトもないのですが、Muelekとは映画の上映写真展の開催などなど、開店当初から不思議なご縁でつながって、7年経った今でもお付き合い頂いてます。
この場を借りまして、これからもどうぞよろしく~。m(_ _)m


そのARBAから、今回も『さすが!』と、うなる逸品の映画を紹介して頂き、Muelekでの上映会が実現しました!
PA316244_convert_20171031121616.jpg
映画と話 映画の話 映画“消えた画”上映会

日時:11月18日土曜日 13:00~17:00
13:00~ 第一部:映画『消えた画』上映(95分)※上映中の途中入場は出来ません。

15:00~ 第二部:ARBA 御園生純さんトーク
参加費:500円
定員:20名(ご予約優先)

お申込み・お問合せ
075-462-3311(11:00~18:00 水木・定休日)
info☆muelek.com(☆を@に換えて送信してください。)



ポル・ポト率いるクメール・ルージュによる虐殺の記憶を描いた『消えた画~クメール・ルージュの真実~』は、収容所を逃れ、映画監督となったリティ・パニュ監督による作品で、2013年の第66回カンヌ国際映画祭において、“独自性の高い”作品に送られる「ある視点」部門のグランプリを獲得している作品です。

上映後は、ARBAの御園生純さんによる映画解説・・・なんて固いコトは言わず(?)、映画の背景、カンボジアのあれやこれや、ARBAのコト・・・色々語って頂こうと思っています。


Muelekが7歳になって、初めてやるのがARBAとの共同企画というのもご縁ですなぁ~。(≧∀≦)
『消えた画』に興味のある方も、映画は知らないけど見てみたい!という方も、カンボジアのコトを知りたい方も、『実は御園生さんのファンなんです。。。』というコア(!?)な方も、一日限定の“シネマ☆Muelek”へ、是非ぜひ足を運んでください。



【上映にあたってのお断り】
★Muelekは、映画上映を目的としたお店ではありません。 プロジェクター投影のため、場所によっては見づらいかもしれません。
またご近所の生活音等もありますが、細かいことを気にせず楽しんでいただければ幸いです。

★お席は畳に座布団です。周囲の迷惑にならない限りは、寝転がって観ていただいても構いません。万が一、椅子席でないと難しい場合は、事前にご相談ください。

★上映中のご飲食はお控えください。1部と2部の間に、ドリンクと軽食の販売をさせていただきます。




店主二。
スポンサーサイト

チャ☆ちゃ☆茶。

台風が目前に迫った10月21日。
にほんちゃギャラリーおかむら・主宰の岡村友章さんをお迎えし、“日日是好”無事終了しました~。(≧∀≦)
Ver2-茶会1021チラシ_convert_20170920125020
結構な雨の降る中集まって下さった皆さん、岡村さん、本当にありがとうございました。



さて。
お茶会は、エプロン姿が素敵な岡村さんの軽妙なトークでスタート。
PA216210_convert_20171023164555.jpg
日本茶に興味を持つきっかけになったお祖父さまの故郷の話から始まり、にほんちゃギャラリーおかむらを始めたきっかけや、出会って来られたたくさんの方々のお話、専業お茶屋さんになろうと決意された時に茶農家さんから全力で『止めとき!!』と言われたという、ちょっと微笑ましい(いや、がっつり笑える)エピソードあり、日本茶の基本・・・そもそも日本茶ってどんなもの??という真面目な話あり、乗せ上手な岡村さんとノリの良い参加者の皆さんの掛け合いあり。。。で、どんどん時間が経って行きました。(≧∀≦)



こちらは、岡村さんイチ押しの九州の茶農家さん。
伝統的な釜炒り製法でお茶を作れる数少ない職人さんでもあります。
PA216213_convert_20171023164620.jpg
写真や動画で茶葉の扱いや作業の様子を見せていただきましたが、いやはや凄い!Σ( ̄ロ ̄)
岡村さんの語り口から、『ああ、この方とこのお茶に惚れてはるんやなぁ~。』というのがよく分かりました。
もう・・・何がどんだけ凄いか!?というのは説明しきれないので(笑)、是非ぜひ一度岡村さんの生トークを聞いてみて下さい。(≧∀)b



岡村さんが惚れ込んだお茶がこちら。φ(・▽・)
PA216214_convert_20171023164639.jpg
職人技の詰まったお茶の葉からは、香ばしく、少し甘い・・・なんというか、高級なチョコレートのような香りがしました。(*^-^*)



とても貴重なお茶ですが、今回のお茶会のメインとして、岡村さんが淹れて下さいました。
PA216217_convert_20171023164745.jpg
ふわぁ~っと、いい香りが部屋に広がって。う~ん、幸せ~♪



淹れてもらったお茶は、シンプルなんやけど深みがあり、香りも良くって・・・とにかく、めっちゃ美味しかったです。
PA216226_convert_20171023165134.jpg
『美味し~。』、『こんなお茶飲んだことないねぇ。』、『何杯でもいける!!』と、参加者の皆さんにも大好評でした。

『“釜炒り茶”っていうと、“何それ?”となるコトがほとんどだけど、本当に美味しい、めっちゃくちゃ美味しいお茶なんだ、というコトを皆さんに知ってほしい!』と、岡村さん。
いやもう、すっかりファンです、お茶にも、岡村さんにも。(≧∀≦)



そして。
今回、Muelekとにほんちゃギャラリーおかむらのスペシャルコラボ☆というコトで、Muelekではお馴染みのカレンの森の釜炒り茶を岡村さんに淹れてもらっちゃいました。
P6161696_convert_20130706153435.jpg
お茶の葉の種類の違いはありますが、作業工程としては日本の釜炒り茶もカレンの釜炒り茶もほとんど同じ。
そんなところに岡村さんが興味を持って下さって、今回のお茶会が実現したと言っても過言ではありません。
ヒンラートナイ村の皆さん、ありがと~。(T^T)



いつもカレンの人たちに倣って(笑)、割とワイルドにお茶っ葉を炒ってますが、さすが!専門家は違います!!仕事が丁寧!!!
PA216220_convert_20171023165438.jpg
岡村さんに炒ってもらっている間に、店主②がカレンの釜炒り茶の話をチョロっとさせてもらいましたが・・・まぁそこは割愛。(笑)



さてさて。
岡村さん淹れて頂いたカレンの釜炒り茶を飲んでみると!!Σ( ̄ロ ̄)
PA216221_convert_20171023165031.jpg
よく知ってる味のはずなんですが・・・『え?これってこんなに美味しいの!?』と、提供している側の店主①&②が驚いちゃいました。
これからMuelekで出す時は・・・精進いたします。。。



お話もお茶も一段落し、続いて岡村さん厳選のお茶っ葉の試飲&販売もしてもらいました。
PA216207_convert_20171023164856.jpg
並んだお茶を見て、『こんなに釜炒り茶ばっかり並んでると面白いなぁ~。こんなに揃えてるところってうちくらいやなぁ。(笑)』と、笑顔の岡村さん。
ホンマにお茶好きなんですねぇ~。(≧∀≦)



参加者の方に『どのお茶がおすすめですか?』と聞かれると、『う~ん、もう・・・全部ですね!』
正直過ぎます。(笑)
PA216222_convert_20171023165502.jpg
お茶のパッケージを一つずつ手に取り、『これは奈良の。。。』、『これは水俣の。。。』、『ここのお父さんがねぇ。。。』、とお茶の説明や茶農家さんとのエピソードを話してくれはるのを聞いてると、確かに全部飲みたくなります。



『これを試飲してみたい。』というリクエストに応えて、お茶を淹れてくれはる岡村さん。
PA216224_convert_20171023165056.jpg
気前良く『これも飲んでみますか?』と、次々に違うお茶を淹れてくれはるので、岡村さんの周りから離れられない参加者の皆さん。(≧∀≦)


外は雨と風がザーザー、ビュンビュンゆうてましたが、Muelekはなんともふんわりとした空気に包まれ、2時間(ちょっとオーバー)の時間は“あっ”という間に過ぎて行きました。
美味しいお茶と素敵な岡村さんに酔いしれて、踊り・・・出しはしませんが(笑)、ホントにホントに楽しい一日でした。
またお茶会したいなぁ~♪




ちなみに。
今回はお茶菓子にたまごボーロを作ってみました。
PA216219_convert_20171023164807.jpg
岡村さんからのリクエストは『カレンの人たちのおやつとか…。』だったのですが、さすがにそれはハードルが高過ぎて無理だったので(笑)、『お茶の味を損なわない、でも食べ応えのあるお菓子!』というコトで。
なかなか美味しく出来て、ご好評頂きました…と自画自賛。(≧∀)b





店主二。

良い茶の飲み置き。

この間まで『あっついなぁ・・・。』と毎日ぼやいていたのに、夕方の風が涼しい今日この頃。
Muelekの玄関のススキもそろそろ穂が出てきそうで、ちょこっと秋を感じたりしちゃいます。(*^-^*)

急な気温の変化に体調崩されませんように~♪



さて。
突然ですが・・・皆さん、お茶はお好きですか??
お茶と言っても、紅茶、中国茶、お抹茶、煎茶、ハーブティーなどなど、色々ありますが・・・。
今回は“日本茶”が主役!!の素敵なイベントのお知らせで~す。
Ver2-茶会1021チラシ_convert_20170921173243
私たちの身近にありながら、実はよく知らない(・・・かもしれない?)日本茶の魅力を熱~く伝えて下さるのは、
にほんちゃギャラリーおかむらの主宰・岡村友章さん

“日本茶”と聞くと、ついつい『高級な緑茶のことかな。』とか、『美味しく淹れるのが難しない?』とか、『なんとなく敷居が高そう・・・。』と思いがちですが、岡村さんが話して下さいるのは、日々の暮らしの中にある、特別ではない“日常のお茶”のお話。
岡村さんが各地を歩いて、お茶畑を見て、作り手さんに惚れて、集めて来られたお茶と、そこに生まれた物語をゆっくり、のんびり、そして、じ~っくりと味わってみませんか?
もちろん!岡村さん厳選の茶葉の販売もありま~す!!(≧∀≦)


日日是好~お茶のある生活~
日時:10月21日(土) 14時~16時
参加費:1000円(おやつ付き)
定員:10名(ご予約優先)

お申込み・お問合せ
075-462-3311(11:00~18:00 水木・定休日)
info☆muelek.com(☆を@に換えて送信してください。)



また、日本茶インストラクターである岡村さんに、日本の釜炒り茶と、Muelekではおなじみ☆タイ・カレンの森育ちの釜炒り茶を淹れてもらい、“聞き茶”(ん?そんな言葉あるんかな??)も楽しんで頂けちゃいます♪(≧∀)b
P6161696_convert_20130706153435.jpg
ちなみに、こちらはカレンの釜炒り茶。


 
日本の釜炒り茶とカレンの釜炒り茶。
岡村さんのお話によると、シンプルな作り方がとてもよく似ているそうです。
P6161582_convert_20130706150838.jpg
日本とタイ。距離は結構ありますが、日々の暮らしでお茶を楽しむ人たちが作った釜炒り茶は似てるのかなぁ~?
お味は?香りは??
それは、当日に飲んでのお楽しみ~♪というコトで。(*^-^*)

あ。
岡村さんのからの希望で(←ここ重要!)、店主sもカレンの村やお茶のお話をさせてもらうコトになりました。
カレンのお茶に触れるのが初めての方も、そうでない方も、楽しんで・・・頂けるように頑張ります。(笑)

お茶が大好き!という方も、普段はペットボトル派という方も、なんか興味ある。。。という方も、お茶の魅力がぎゅ~っと詰まった濃厚な時間を、是非ご一緒に。




これを書く前、『お茶にまつわる言葉、なんかないかなぁ~。』と思って探したら、“良いお茶の飲み置き”という言葉に出会いました。
品質の良いお茶は、飲んだ後も香りや旨味がずっと口の中に残る、素晴らしいことはコトは良い余韻が残る、という意味なんだそうです。

帰り道に、この言葉を思い出してもらえる、そんな素敵なお茶会になりますように☆




店主二。

シアワセな夏の日。

サボってる間に日が経ってしまいましたが・・・。(^-^;)
先日、無事に、韓国詩朗読会inムーレック SIawase~シアワセナイチニチ 夏~が終了~♪
孫さん詩会ちらし夏バージョン_convert_20170630115801
ぺカ~☆っと、お日さん輝く、これぞ夏!?という陽気の中、今回も素敵で楽しい“幸せな一日”が過ぎて行きました。



今回のテーマはもちろん“夏”です!!
講師のソン・ヨンソンさんが選んで下さった詩は、夏らしい涼やかな詩もあれば、“夏い”・・・もとい、熱い韓国の国民性を感じられる詩あり、夏の夜と韓国料理には欠かせない“アレ”のなんとも不思議で素敵な詩もあり・・・と、バラエティ豊か。
韓国の人たちが感じる“夏”が、Muelekの畳にやって来てくれたような感じがしました。(*^-^*)
siawase0722.jpg
参加者の皆さんは、韓国語が出来る人、全く分からない人、詩が好きな人、もう3回も参加させてもらっていても全く成長しない店主①&②、と、こちらもバラエティに富んでます。(≧∀≦)
同じ詩を読んでも、感じるコトや思うコト、想像するものがそれぞれ全く違って、本当に面白い♪
そして、その豊かな想像力を、優しく、時には厳しく(?)引き出して下さるソンさんの進め方もさすがでした!!



前回から始めてみた、朗読会の季節に合わせた新作デザートは、ひんやりチーズのアイスケーキ。(≧∀)b
講師のソンさんの“ソン”の音が、韓国語で“手”と同じ音なコトにちなんで、今回も“手”をデコレーションにしております。
毎回参加して下さっているご近所さんからは『これも楽しみのひとつなの。』と言ってもらいました。ありがたや~。
DSC07527_convert_20170807165234.jpg
ちなみに・・・写真のは店主用です。参加者の皆さんのはもう少し奇麗だったような・・・?(※個人の感想です。)



韓国の詩を読んで楽しむ、というだけでなく、ソンさんが散りばめてくれはる色んな仕掛けのおかげで、あっという間に時間が過ぎていきました。
毎回好評なので、また次の季節にも出来たら嬉しいなぁ~♪と、すでに企んでおります。うふふ。(*^ 艸 ^)
DSC07529_convert_20170807165151.jpg
仕掛けのひとつ。虫食いのところに自分が『いいなぁ~。』と思う言葉を入れてみる、というのがあり、皆さん思い思いの言葉を充ててみてはったのですが、無粋な店主①&②はついつい“正解”を探そうとしてしまうので・・・皆さんに笑われてました。(^-^;)
次回はもっと優雅に楽しめるようになりたいものです、はい。。。




店主二。

幸せな一日 Ver.夏。

『梅雨ってどんなんやったっけ?』と、思い出すのも難しいくらいの陽気が続き、降ったら降ったでものすごい雷雨。。。
なんやようわからんままに6月も今日で終わりです。(^-^;)
P6256115_convert_20170630114524.jpg
明日からはもう7月。
祇園祭も始まって、京都の夏がやって来ます。あちちぃ。



さて。
夏気分が盛り上がったり、暑い中にも涼やかさを感じられる・・・かもしれない!?素敵イベントのお知らせで~す♪
韓国詩朗読会inムーレック SIawase~シアワセナイチニチ 夏~
孫さん詩会ちらし夏バージョン_convert_20170630115801
ご縁と勢い(?)で、昨年末から始まった韓国詩の朗読会もなんと、なんと3回目です!
講師を務めて下さるのは、おなじみ♪韓国出身、日本での講師歴ン10年のソン・ヨンソンさん。
『詩の朗読』というと、なんだかとても高尚なコトのように思えて(店主②は思ってました。。。)取っ付きにくい印象がありますが、そこは長く講師をされていたソンさんの腕の見せ所☆(≧∀≦)
ただ詩を朗読して、感想を話して終わり、ではなく、詩を楽しむための仕掛けに溢れ、詩を読む、音を楽しむ、ということ以上の面白さ、楽しさがいっぱいです。


『韓国語、分からへんからハードル高そう。。。』と思った方、ご心配なく!!
韓国語と全く縁のない店主①&②ですが、参加した過去2回ともめっちゃ楽しませていただきました~♪
もちろん、韓国語が出来る方も大歓迎。いつもとは違う角度で奥深い韓国詩の世界を楽しんでみませんか??
詩や朗読が好きな方も、『あ、ちょっと興味あるわぁ~。』という方も、是非ぜひご参加ください。

“音の美しい言語”と言われる韓国語の響きを楽しみつつ、韓国詩の世界に浸る、そんな“詩”あわせな一日を過ごしてみませんか?



韓国詩朗読会inムーレック 
SIawase~シアワセナイチニチ 夏~
日時:7月22日(土) 13:00~15:00
参加費:1600円
           (ひんやりチーズのアイスケーキと紅茶付きです。)
※定員は設けていませんが、小さなお店ですので予めご連絡頂けるとありがたいです。

お申込み・お問合せ
075-462-3311(11:00~18:00 水木・定休日)
info☆muelek.com(☆を@に換えて送信してください。)

P6256119_convert_20170630114541.jpg
暑さに負けず、Muelekで夏の幸せな一日を~♪(*^-^*)




店主二。
プロフィール

mue*lek

Author:mue*lek
ムーレック“のんびり、ちょっぴり、世界とつながる”をコンセプトに、アジアを主とする世界の子ども支援を目的とした、町屋スタイルのカフェ&雑貨ショップです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR