FC2ブログ

2018年のイベント

2014年~継続中
【毎月第2土曜はムーレック図書室読み聞かせの日♪】

ブックカフェ…とはひと味違う、ムーレックの図書室。店主たちがず~っと昔から好きだった本や、新たに一目ぼれした本、外国からのお土産絵本などなど、その数は800冊以上。その全部をご紹介…とはなりませんが、毎月第2土曜の午前11時15分~と午後1時30分~、図書室にて絵本の読み聞かせをしています。子ども向けではありますが、大人ももちろん大歓迎♪何度も来て頂いた方も、気になるけれど入ったことはないという方もぜひいらして下さい。

【参加無料】★毎月第2土曜 11:15~/13:30~ (出入り自由)

※大型絵本や紙芝居もあります♪お気に入りの本を持ってきていただくのもOK。


2018年12月1日(土)~11日(火)
【EAT RED, THINK AIDS 2018】


12月1日は世界エイズデーです。 「行動」は、必ずしも大きな声をあげなくても、あげられなくても始められる!そんな思いを出発点に、【小さな手】の名前を持つムーレックだからこそ出来る「かたち」を…と、開店時からずっと大事に続けてきた企画。それが「EAT RED, THINK AIDS」です。今年も、HIV/エイズへの理解と支援を示すレッドリボンにちなみ、『赤』をふんだんに使ったカフェメニューで皆さまをお迎えします。12月1日(土)~12月11日(火)までの期間限定です。

※期間中の売上の一部は、『れっく・れっく・プロジェクト』の一環として寄付させていただきます。

【限定&新作メニュー】ラズベリーソースのパンナコッタ、ラム酒漬けいちじくガトーショコラ、トマトとパンチェッタのケークサレ、ケークサレ2種盛りプレート&赤玉ねぎスープ、国産チーズの4種プレート・バゲット&ライスミルク、紅玉ジャムのロシアン紅茶、レッドフルーツのハーブティー、完熟豆のラパトオーガニックコーヒー、オニオングラタンスープ・紅芯大根のロースト添え、赤米のタイ風びっくりお粥、トマトキーマカレー(予定)

2018年11月11日
【第4回・韓国詩朗読会 in ムーレック/シアワセナイチニチ 秋】


“コトバには音があり、色がある”とは、詩人・谷川俊太郎さんの言。ついつい意味だけを追い求めがちな「詩」ですが、もっと自由に“感じる”ことも、きっと楽しいはず!そんなこんなでユルっと始めた、韓国詩を楽しむ会 in ムーレック/「シアワセナイチニチ」。その名の通り、色んな詩に触れて「しあわせ気分」になった参加者の皆さんからの熱い(ちょっと盛り気味!)ご要望にお応えし、ざっくり季節ごとに開催しようか~と言い出してから気がつけば1年!?ようやく季節を一周し第4弾となりました♪今回も、講師をつとめてくださるのは韓国出身のソン・ヨンソンさん。四季の巡りを感じながら、たくさんの詩に囲まれて「シアワセ」な一日を過ごしませんか。
■日時:11/11(日)13:00~15:00■  ■参加費:1600円■
※資料代と、お菓子・お茶代込みの料金です。新作お菓子発表会?も兼ねていますので、普段のカフェメニューとは違った味を楽しんでいただけます。今回は…さつま芋クリームをたっぷり絞った秋のマフィン&紅茶をご用意しています♪


2018年5月19日~10月27日
【第4期スタート♪ 連続講座・哲学カフェ 『問答連』】


「哲学カフェ」の第4弾が、5月19日を皮切りに9月までの月イチ開催で始まります♪(全5回)
これまでと少し運営は変わりますが、前回までと同様、多才&多彩なゲスト・スピーカーをお招きしております。前回ご参加いただいた方も、そうでない方も、ぜひお立ち寄りください♪※今後の日程や詳しい内容はこちら→>哲学カフェ・問答連
※参加費として1ドリンクオーダーをお願いしています。

◆第四期の開催内容◆
≪【第一回】 5月19日(土)≫【過去はどこへいっちゃったのだろう?】 発題者:永井良和さん
◎ 今回は「子供の難問」(中央公論社)という本から「過去はどこにいっちゃたの?」を資料に、人間にとって時間とは?ということを中心に話し合えたらと思います。「時間とは何か?」は、哲学においても難問として知られますが、まずは、それぞれが、自分にとっての「時間」の意味について考えを深めたいです。ミヒャエル・エンデの「モモ」は、時間をテーマとした、とても面白い児童文学ですが、そこに出てくる時間銀行や、時間泥棒のお話などもヒントに、考えてみたいと思っています。みなさんの時間に対する思いが聞けることを楽しみにしています。

≪【第二回】 6月24日(日)≫【人間は動物の中で特別なの?】  発題者:大江矩夫さん
◎今回も、最初に、「子供の難問」(中央公論社)という本の中の一テーマ「人は動物の中で特別なの?」を資料として使って、話し合いたいと思います。人間は生物界の中で進化の頂点にあり、「万物の霊長」とか「ホモサピエンス(智恵ある人)」のように呼ばれ、特別の存在とされています。それではどの点が特別であり、その特別性に優劣があるのかどうか、さらにはその特別性の特徴とされる言葉や知性は、生命存在にとってどのような意味を持っているのでしょうか?また、人間と生物の将来にとって、問題や不安はないのでしょうか?等々、他の動物の生き方と比較しながら、様々な側面から「人間とは何か」「自分とは何か」を話し合っていきたいと思います。

≪【第三回】7月28日(土)≫【「広場」を探そう】 ゲスト:梅林秀行さん(京都高低差崖会崖長)
◎ 日本には広場がないと言われます。広場を住民自治や社会発展のインフラとして評価する立場からすれば、この日本のあり方は不満に映るかもしれません。一方でここ最近、「広場論」といえるような議論が盛んになってきました。教会や市庁舎の前に広がっている、ヨーロッパによくある誰もがイメージしやすいまちの「ふくらみ」はどこで見つけられるのか。今回の哲学カフェでは、ぜひ色々な広場を探し出せたらいいなと期待しています。そして広場のあり方に応じた、色々な人びとの集まり方についても。

≪【第四回】8月25日(土)≫【どうすればほかの人とわかりあえるのだろう?】  発題者:野崎康夫さん
◎ 戯曲作家であり演出家の平田オリザさんは「日本のコミュニケーション教育は、あるいは従来の国語教育でも、多くの場合、それは「わかりあう」ことに重点が置かれてきた」(『わかりあえないことから』講談社現代新書)と書いています。教育に限らず「コミュニケーション能力」の多寡が若者には求められているようです。つまり就職するための有力なアイテムとして、雇用者・被雇用者ともども認識されているのです。私は、「わかりあえなさ」に耐えながら「わかりあえる」ことを求めるという立場に立ちたいと考えているのですが…。

≪【第五回】9月22日(土)≫【心と身体~気功の本質~】 ゲスト:楢崎勝則さん
◎ 西洋の考え方では心と身体というものは切り離して考えることが当たり前にように思われています。人間を「考える葦」としたパスカルのように精神がもっとも人間にとって大切なものであるとの発想です。そして、その精神を入れる入れ物として身体があるとします。現代人はすっかり忘れているかもしれませんが、東洋では心と身体は一体のものとする考え方があります。「病は気から」といわれることばにもその考えが伺われます。今回は、そうした「気」をテーマに心と身体を考えてみます。

≪【最終回】10月27日(土)≫【特別企画~あなたが作る「哲学カフェ」~】
◎第6回は特別企画として「あなたが作る「哲学カフェ」」を行います。ここでは、参加者の皆さんの興味・関心から当日テーマを設定して対話していきたいと思います。いきなり「興味・関心といわれても!」と難しく考えていただく必要はありません。例えば、*退屈なときは時間が長いけど、楽しいときは短い *赤ちゃんのときの記憶があるという人がいましたが、本当かな *雑草という名前の草は無いって言われますが、雑草は雑草ですよね *夢を見ることがありますが、目覚めていながら夢を見ることがあるのかな *めていながら夢を見ることがあるのかな *ヒーローは正義を実現するというけれど、本当?など。日常的が疑問が「哲学」のテーマになります。皆さんのお考えを持ち寄っていただければ幸いです。もちろん、参加して頂いてから考えてもらっても結構です。
スポンサーサイト



2017年のイベント

2014年~継続中
【毎月第2土曜はムーレック図書室読み聞かせの日♪】

※午前と午後の2部制になりました♪

ブックカフェ…とはひと味違う、ムーレックの図書室。店主たちがず~っと昔から好きだった本や、新たに一目ぼれした本、外国からのお土産絵本などなど、その数は800冊以上。その全部をご紹介…とはなりませんが、毎月第2土曜の午前11時15分~と午後1時30分~、図書室にて絵本の読み聞かせをしています。子ども向けではありますが、大人ももちろん大歓迎♪何度も来て頂いた方も、気になるけれど入ったことはないという方もぜひいらして下さい。

【参加無料】 ★毎月第2土曜 11:15~11:45/13:30~14:00 (出入り自由)

※大型絵本や紙芝居もあります♪お気に入りの本を持ってきていただくのもOK。


2017年12月1日~12日
【EAT RED,THINK AIDS 2017】

12月1日は世界エイズデーです。「EAT RED,THINK AIDS」は、ムーレックとつながりの深い、タイの子どもたちへの思いを深めたくて始めた企画。大きなことはできなくても、何か心に灯るものがあればいいなぁ…と続けています。HIV/エイズへの理解と支援を示すレッドリボンにちなみ、この期間限定の『赤』色カフェメニューで皆さまをお迎えします。

※期間中の売上の一部は、タイのストリートチルドレンを支援しているNGO・アーサーパッタナーデック財団を通じ、子どもたちへのエイズ教育支援プロジェクトに寄付させていただきます。


2017年11月18日
【カンボジアを観る・知る・思う、映画とお話】


カンボジアとベトナムで教育支援などの活動をする国際支援NGO・ARBA(アルバ) 。メンバーの皆さんはほぼ東京方面の人たちなのですが、ムーレックとは映画の上映写真展の開催などなど、不思議なご縁でつながっていただいております。そのARBAから今回も、「さすが…」とうなる逸品の映画を紹介していただき、ムーレックでの上映会とあいなりました。ポル・ポト率いるクメール・ルージュによる虐殺の記憶を描いた『消えた画~クメール・ルージュの真実~』。収容所から逃れ、映画監督となったリティ・パニュ監督による作品です。上映後は、ARBAの御園生純さんによる映画解説(…なんて固いことを言うと怒られるかな?)&カンボジアのあれやこれやを語っていただきます。

■日時:11/18(土)13:00~17:00■
13:00~ 第一部:映画 「消えた画」上映(95分)
15:00~ 第二部:ARBA 御園生純さんトーク
■参加費:500円/定員:20名(ご予約優先)


■映画についてはこちら⇒「消えた画」
■ARBAについてはこちら⇒NPO法人ARBA(アルバ)
■御園生さんのブログはこちら⇒「サヨク的旅人日記」


2017年5月28日~10月28日
【第3期スタート♪ 連続講座・哲学カフェ 『問答連』】

思いがけない(!?)ロングラン企画、「哲学カフェ」の第3弾が始まります♪今回は全6回にパワーアップし、新たに日曜日開催の回も加わりました。5月から10月の月イチ(だいたい最終週)で、多才&多彩なゲスト・スピーカーをお招きしております。前回ご参加いただいた方も、そうでない方も、ぜひお立ち寄りください♪ ※詳しい内容はこちら→哲学カフェ・問答連

【第3期の開催内容】
■【第一回】5月28日(日)■
【見える世界 見えない世界】 ゲスト:光島貴之さん(触る美術作家)
■【第二回】6月18日(日)■
【リベラリズムの行き詰まり】 ゲスト:永井良和さん(「問答連」世話人)
■【第三回】7月30日(日)■
【今よみがえるブッダのことば】 ゲスト:大江矩夫さん(「問答連」世話人)
■【第四回】8月26日(土)■
【『こども』を考える~文化的視点から見た『こども』~】
ゲスト:ジェームス・ケントさん、イザベル・ファスベンダーさん
■【第五回】9月23日(祝・土)■
【お金って何だろう】 ゲスト:野崎康夫さん(「問答連」世話人)
■【第六回】10月28日(土)■
【医療から見る「死」】 ゲスト:住田剛一さん(開業医)


2017年10月21日
【日日是好茶~お茶のある生活~】

みなさん日本茶はお好きですか?
今回は、日本茶を愛してやまない岡村友章さん (にほんちゃギャラリーおかむら・主宰) が、その魅力をぎゅ~っと煮詰めて語ってくださる贅沢な2時間。日本茶マイスターの資格を持つ岡村さんが、日本各地を訪ね歩いて出会ったプレミアムなお茶を、この機会にぜひ味わってみてください。きっとお気に入りの日本茶が見つかりますよ。ムーレックではおなじみ、タイ・カレン族のお茶も岡村さんの手で淹れてもらいます♪熱~いお茶と熱~い時間を、ぜひご一緒に。岡村さんの厳選茶葉も販売します♪

■日時:10/21(土)14:00~16:00■
■参加費:1000円■ ※お茶の試飲とムーレックの自家製おやつ付
■定員:10名■(ご予約優先)



2017年7月22日
【第3回・韓国詩朗読会 in ムーレック/シアワセナイチニチ 夏】


“コトバには音があり、色がある”とは、詩人・谷川俊太郎さんの言。ついつい意味だけを追い求めがちな「詩」ですが、もっと自由に“感じる”ことも、きっと楽しいはず!そんなこんなで昨年末に開催した、韓国詩を楽しむ会 in ムーレック/「シアワセナイチニチ」。その名の通り、色んな詩に触れて「しあわせ気分」になった参加者の皆さんからの熱い(ちょっと盛り気味!)ご要望にお応えし、ざっくり季節ごとに開催しようか~と、あいなりました♪第3弾となる今回も、講師をつとめてくださるのは韓国出身のソン・ヨンソンさん。四季の巡りを感じながら、たくさんの詩に囲まれて「シアワセ」な一日を過ごしませんか。

■日時:7/22(土)13:00~15:00■
■参加費:1600円■
※新作お菓子発表会?も兼ね、お菓子とお茶セット込みの料金です。
今回は…クリームチーズのひんやりアイスケーキ&紅茶♪


2017年4月16日
【ムーレックで考える被災地支援~エネルギーとアシタのアタシ~】



※トークゲストに、参議院議員・福山哲郎さん!
東日本大震災、そして福島第一原発の事故から6年。「あの日」は、私たちの何を変え、何を変えなかったのか。「いま」を生きる一人ひとり<アタシ>のリアルをつなげながら、未来<アシタ>のかたちを考えてみませんか。今回のトークゲストは、原発事故当時に内閣官房副長官を務められた参議院議員の福山哲郎さん。再生可能エネルギーの展望なども含め、政治家として見つめる「いま」もお聞きしたいと考えています。が!そこはもちろん?ムーレック♪お茶も飲みながらざっくばらんに~ですので、「え…難しそう」と思わずお気軽にどうぞ。

■日時:4/16(日)14:00~16:00 / 参加費:500円(ドリンク代)■


2017年3月25日
【第2回・韓国詩朗読会 in ムーレック/シアワセナイチニチ 春】

“コトバには音があり、色がある”とは、詩人・谷川俊太郎さんの言。ついつい意味だけを追い求めがちな「詩」ですが、もっと自由に“感じる”ことも、きっと楽しいはず!そんなこんなで昨年末に開催した、韓国詩を楽しむ会 in ムーレック/「シアワセナイチニチ」。その名の通り、色んな詩に触れて「しあわせ気分」になった参加者の皆さんからの熱い(ちょっと盛り気味!)ご要望にお応えし、ざっくり季節ごとに開催しようか~と、あいなりました♪前回に引き続き講師をつとめてくださるのは、韓国出身のソン・ヨンソンさん。四季の巡りを感じながら、たくさんの詩に囲まれて「シアワセ」な一日を過ごしませんか。

■日時:3/25(土)13:00~15:00
■参加費:1600円

※今回より、新作お菓子発表会?も兼ね、お菓子とお茶セット込みで料金のご案内をさせていただいております。
今回は、お豆腐を使ったクランベリー入りの春色マフィン&イングリッシュティー

2016年のイベント

2016年12月23日
【韓国詩朗読会 in ムーレック/シアワセナイチニチ】


“コトバには音があり、色がある”とは、詩人・谷川俊太郎さんの言。ついつい意味だけを追い求めがちな「詩」ですが、もっと自由に“感じる”ことも、きっと楽しいはず!今回、そんな詩の世界を紹介してくださるのは、韓国出身のソン・ヨンソンさん。この季節にぴったりの韓国詩を朗読していただきます。声に出して一緒に読んでみたり、デジタル世代の「二行詩」など、韓国詩のトレンドを聞いたり。たくさんの詩に囲まれて「シアワセ」な一日を過ごしませんか。ちなみに韓国も、詩は日本語と同じく「シ」と言うそうですよ♪

■日時:12/23(祝・金)13:00~15:00■
  ■参加費:1000円+ドリンクオーダー■
※定員は設けていませんが、小さなお店ですので予めご連絡いただけるとありがたいです。


2014年~継続中
【毎月第2土曜はムーレック図書室読み聞かせの日♪】


ブックカフェ…とはひと味違う、ムーレックの図書室。店主たちがず~っと昔から好きだった本や、新たに一目ぼれした本、外国からのお土産絵本などなど、その数は600冊以上。その全部をご紹介…とはなりませんが、毎月第2土曜の午後2時~3時、図書室にて読み聞かせの日を始めたいと思います。子ども向けではありますが、大人ももちろん大歓迎♪何度も来て頂いた方も、気になるけれど入ったことはないという方もぜひいらして下さい。

★毎月第2土曜 14:00~15:00
※大型絵本や紙芝居もあります♪参加はどなたでもご自由に。もちろん無料です。


2016年12月2日~12月11日
【EAT RED, THINK AIDS 2016】


12月1日は世界エイズデーです。今年も、HIV/エイズへの理解と支援を示すレッドリボンにちなみ、『赤』をふんだんに使ったカフェメニューを…という、(ほぼ)一週間の限定イベント 「EAT RED,THINK AIDS」 を開催します。早いもので今年でもう7回目。どんな小さなかたちでも、何か「きのうまでとは違うこと」につながればいいな~と、始めた企画です。今回は1日遅れの12月2日(金)~12月11日(日)までの開催となります。実はこの期間、新作メニューの登場率がいちばん高いという裏?の楽しみ方もありますので、ぜひお出かけください♪

※期間中の売上の一部は、『れっく・れっく・プロジェクト』の一環として寄付させていただきます。


2016年6月25日~10月29日
【連続講座・哲学カフェ~問答連part2~】

「哲学カフェ」の第2弾が始まります♪スタートした昨年5月には、連続講座!と銘うったものの、「哲学…あ~こら、続かんなぁ」と思っておりました…。が!全5回の日程を終えたところで、まさかの!(ごめんなさい!)次回へのご要望が~。というわけで!?6月より月に1度(だいたい最終週の土曜日)、第2期の『哲学カフェ・問答連』を開催するはこびとなりました。今回も多才&多彩なゲスト・スピーカーをお招きしておりますので、前回ご参加いただいた方も、そうでない方も、ぜひお立ち寄りください♪

※今後の日程や詳しい内容はこちら→哲学カフェ・問答連 ■参加費:無料■ ※1ドリンクオーダーにご協力を♪

【第2期開催内容 】
■【第1回】6月25日(土)14時~16時■
【私たちにとっての宗教】 大須賀護さん(東本願寺出版部勤務)
◎「信じる」って何?など宗教をテーマに、思いがけず「信じて」しまうことになったゲストの実体験も交えつつ、「問答(対話)」していく哲学カフェです♪

■【第2回】7月30日(土)14時~16時■
【こころとは何か】 大江矩夫さん(人間存在研究所所長)
◎「こころ」は記憶装置。わたしを作るものは何?あなたを作るものは何?そんな「こころ」の不思議を、「問答(対話)」していく哲学カフェです♪

■【第3回】8月27日(土)14時~16時■
【あなたと語る その2】 永井良和さん(インクルーシブ教育を考える会)
◎「他者」とは誰でしょう?「みんな同じ」と考えれば、「他者」は見えてくるのでしょうか?それとも…。障害ある人との関わりの中から考える、哲学カフェです♪

■【第4回】9月24日(土)14時~16時■
【働くことを疑う】 野崎康夫さん(元小学校教員) 
◎「働く」ことは価値のあること?実はそうじゃないのかも??誰もが当たり前と思っている考え方を「労働」からながめてみる、哲学カフェです♪

■【第5回】10月29日(土)14時~16時■
【ことばとは何か】 高井小織さん(京都光華大学教員)
◎「ことば」ってなんだろう?聞こえるから伝わる?聞こえないから伝わらない?聴覚障がいの子どもたちとの関わりから考えてみる、哲学カフェです♪


2016年4月22日~5月22日
【カヤネズミ命がけ環境向上作戦 Part4】


今年もこの季節がやってまいりました~♪日本一小さなネズミ「カヤネズミ」のさらなる知名度アップと環境改善のため、カヤネズミに関わる様々な分野のスペシャリストたちが結集した、“カヤネズミ命がけ環境向上作戦”。かなり有名になってきた…と自負しているのですが、カヤネズミサイズでね!との突っ込みもあったりなかったり…(^^; 4回目となる今回は、なんと!ムーレックの中にカヤ原を再現しちゃおう!という壮大な企画のもと、カヤネズミを始めとするさまざまな生き物たちがフェルトになってやってきます♪ムーレックも、便乗?いえいえ、コラボメニューでお出迎えする予定ですので、是非是非お立ち寄りください。

期間中には、手芸ワークショップ(5/7&8)や、フォトグランプリ(5/12〆切、5/22発表)、カヤ原ツアー(4/30)などの連動企画も盛りだくさんですので、そちらもチェックしてくださいね♪

■4月22日(金)~5月22日(日)■
※11~18時。期間中の水・木曜日は定休日です。
※フェルト作品の展示は無料でご覧いただけますが、各イベントには別途参加費が必要となりますのでご了承下さい。

■ワークショップについてはこちら⇒手のひらにカヤネズミを!
■フォトグランプリについてはこちら⇒カヤ原フォトグランプリ
■カヤ原ツアーについてはこちら⇒茅人への道


2016年4月16日
【伊藤麻衣子 オルティンドーLIVE】


モンゴルの伝統民謡・オルティンドーは、直訳すると『長い歌』。(短い歌、というのもあるそうです) モンゴルと言えば、スーホの白い馬と力士、あとはホーミーと馬頭琴ぐらいしか知らなかったのですが(あれ?結構知ってる?笑)、そのオルティンドーの歌い手であり、ちょっとマニアックな相撲ファンでもある伊藤麻衣子さんが、ムーレックに来てくださることになりました~♪春のやわらかな陽射しを感じながら、モンゴルの草原を渡る風のように心にしみこむ長~いオルティンドーを、ぜひ一緒に楽しみましょう。

■日時:4/16(土)14:00~16:00■
■参加費:1000円+ドリンクオーダー■
■定員:20名■
※たいへん小さなお店のため、ご予約優先・先着順となります。


2016年3月16日
【ももカフェinムーレック ver.1.5 ルワンダコーヒー試飲会】


前回の開店時には大好評をいただきました【ももカフェinムーレック】(詳しくはブログで⇒「素敵な珈琲船ディスカバリー号。」) その後、もも店長こと平井ももさんが青年海外協力隊員としてアフリカ・ルワンダへ旅立ってしまい、パワフル&ラブリーな店長を懐かしむ毎日でしたが、なんと!!!派遣の合間をぬって、ルワンダからムーレックへ来てくれることになりました~♪もも店長のリクエストにより、今回のテーマは皆さんと一緒に「ルワンダのコーヒーを育てる」試飲会となりました。というのも、ルワンダのコーヒーはまだまだ発展の道半ば。たくさんの人に飲んでもらいながら、美味しいコーヒーへと育っていってほしい…そして、ルワンダでコーヒー作りにたずさわる人たちの未来も考えてほしい…という、店長の熱~い思いが込められているのです。京都へのちょっと寄り道…ということで、ももカフェバージョン1.5でございます♪

■日時:3/16(水)17:00~■
※定休日のため、夜のみ開店いたします。(開場は16時30分)
※イベント終了後、懇親会(会費:1000円)を開催します。

■参加費:1500円■※もも店長がドリップする『ルワンダコーヒー』です。ムーレックの自家製おやつも付きます。
■定員:10名■※たいへん小さなお店のため、ご予約優先・先着順となります。


2016年2月27日
【フィルムライブ早春のNNG・平和への希望をつむぐ音楽家たち】


チェルノブイリ原発事故から30年。そして、東日本大震災、福島原発事故から5年となる今年。過去ではなく、「いま」として何を見つめ、どんな希望を紡いでいくのか…。そんな平和へのムーブメントを音楽で支えてきた人々がいます。この、いずれも第一線で活躍する音楽家たちを、ず~っと地道に応援されてきたNさんが、『彼らの奏でる未来へのメッセージを、ぜひ共有したい!』と、ムーレックを選んでくださいました。歌あり、ヴァイオリンあり、バンドゥーラ(ウクライナの伝統楽器です)あり、そのほかもいろいろあり!なライブ映像を見ながら、お茶も飲みながら、それぞれの目で「希望」を語りあう場にできれば~と思っております。ムーレックらしく、たたみでごろ寝も可(笑)でございます♪

■日時:2/27(土)13:00~■

【上映予定】
1) No Nukes Gig・連歌鳥の歌と井上鑑(作・編曲家)
2) No Nukes Gig・連歌鳥の歌と金子飛鳥(ヴァイオリン)
3) Peace On Wing・NNGとナターシャ・グジー(バンドゥーラ)
4) 沖縄・東九条マダン・NNGと寿[kotobuki](Duo、ギター&三味線)
※上記のライブ映像&主催者トークを、入れ替えで随時おこなう予定です。詳しくはお問合せ下さい。

■参加費:ワンドリンクオーダー■

※このイベントは、『NNGを勝手に支援する会・京都』の主催です。
※NNGについてはコチラ⇒No Nukes Gig
※連歌・鳥の歌についてはこちら⇒連歌・鳥の歌
※Peace On Wingについてはこちら⇒Peace On Wing

2015年のイベント

2014年~継続中
【毎月第2土曜はムーレック図書室読み聞かせの日♪】

ブックカフェ…とはひと味違う、ムーレックの図書室。店主たちがず~っと昔から好きだった本や、新たに一目ぼれした本、外国からのお土産絵本などなど、その数は600冊以上。その全部をご紹介…とはなりませんが、5月10日(土)から毎月第2土曜の午後2時~3時、図書室にて読み聞かせの日を始めたいと思います。子ども向けではありますが、大人ももちろん大歓迎♪何度も来て頂いた方も、気になるけれど入ったことはないという方もぜひいらして下さい。

★毎月第2土曜 14:00~15:00 ※参加はどなたでもご自由に。もちろん無料です。


2015年11月29日~12月8日
【EAT RED,THINK AIDS 2015】 世界を結ぶ☆小さなスプーン


12月1日は世界エイズデーです。ムーレック出発のときから大事に続けてきた企画・「EAT RED,THINK AIDS」。お店と同じだけ歳を重ね、6回目となりました。今年も、HIV/エイズへの理解と支援を示すレッドリボンにちなみ、『赤』をふんだんに使ったカフェメニューで皆さまをお迎えします。11月29日(日)~12月8日(火)までの期間限定です。今年は紅玉をぜいたくに使ったぽかぽかロシアンティーも復活します♪小さなスプーンがつなげてくれる無限の可能性を信じて…。

※期間中の売上の一部は、タイのストリートチルドレンを支援しているNGO・アーサーパッタナーデック財団を通じ、子どもたちへのエイズ教育支援プロジェクトに寄付させていただきます。

■開催期間:11月29日(日)~12月8日(火)■※期間中の水・木曜日は定休日です。

【メニュー(一例です♪)】
赤色フォカッチャとスモークサーモンのサラダボウルサンド、トマトと鶏肉のケークサレ(パクチー風味)、焼パプリカのココナッツミルクポタージュ、紅玉りんごのシフォンケーキ、ベイクドチーズケーキの手づくりジャム添え、パンナコッタなどなど。


2015年5月23日~10月24日
【連続講座・哲学カフェ 『問答連』】

※2016年春に第2期開催の予定です。

ムーレック初の長期&連続企画・「哲学カフェ」のお知らせです♪哲学…と聞いて敬遠されたアナタ!そうですよね。わかります…(><)。が!この哲学カフェ・問答連は、難しいことを難しい顔して難しい言葉で話すのではなく、「哲学」というモノの見方を、例えば小学生の子どもたちにもわかるように話すとき、どんな「対話」の在り方が必要なのかを探ろうというもの(だそう…)です。ドシロウトの店主1&2も、まず「聞く」ところから参加してみようと思ってますよ~♪開催予定は毎月第4土曜日の午後2時~4時(第1期は5月~9月 ※予定)まで。毎回多才&多彩なゲスト・スピーカーも登場します。

≪主催者からのメッセージ≫ 自らの価値を認め他者の価値を認めることは、大人だけではなく子どもにとって大きな今日的意義があります。哲学カフェ“問答連”は、哲学的課題を対話するという方法でそれを探っていきます。唯一の参加条件は「誠実に話す」、そして「誠実に聞く」ということだけです。お気軽に哲学対話の旅にでかけましょう。お待ちしています。

【参加費:無料】 今後の日程や詳しい内容はこちら→哲学カフェ・問答連

【これまでの哲学カフェ】

■【第一回】5月23日(土)14時~16時■
【子どもは考える】映画「小さな哲学者たち」
◎哲学カフェの足がかりとして、映画「小さな哲学者たち」を上映します。フランスの幼稚園で実践された哲学クラスの様子を描いたドキュメンタリー映画です。

■【第二回】6月27日(土)14時~16時■
【ことばとは何か~西洋思想の批判から見える世界~】 ゲスト:大江矩夫さん(人間存在研究所所長)
◎なんとなく使っていることばの中にどんな秘密があるのかしら。ことばを使うときに何かを考えるけれども、それは心の働きでしょうか…などなど、「ことば」そのものがテーマの哲学カフェです♪

■【第三回】7月25日(土)14時~16時■
【あなたと語る~障害当事者との哲学対話~】 ゲスト:永井良和さん(インクルーシブ教育を考える会)
◎障害が「ある」「ない」。一見まったく異なるように見えるこの二つの世界を、「ことば」や「思考」はどう行き来するのか…がテーマの哲学カフェです♪

■【第四回】10月11日(日)14時~16時■
【こどもにとっての哲学経験~ フランス式高等学校の哲学授業~】 ゲスト:ウスビ・サコさん(精華大学教員) 
◎サコさんの出身地・アフリカのマリ共和国は、かつてフランスの植民地でした。そのため現在の教育制度にもフランスの影響が大きく、高校生は哲学の授業が必修だそうです。マリの高校生たちはどんなふうに「哲学しているの?」…
がテーマの哲学カフェです♪

■【第五回】10月24日(土)14時~16時■
【こどもが育てる対話】~ 読み物教材をテキストに~ ゲスト:野崎康夫さん(プール学院大非常勤講師)
◎児童書をテキストに、「子どもたちとの哲学的対話」を考える…という、「問答連」の本筋に迫る!?哲学カフェです。ゴリラ研究の第一人者・山極寿一さんが書かれた『ゴリラが胸をたたくわけ』を使って…はてさて。どんなふうに「哲学する」のでしょうか♪


2015年10月16日~18日
【ムーレック5周年記念♪贅沢は「素」敵だ!】

え~ぇぇぇ!と自分たちでもびっくりしておりますが(笑)、ムーレックはこの秋で5周年を迎えます。つつましく…と言えば聞こえが良いですが、なにしろ張りきり度合いにムラのある店主’s。ここまで続けてこられたのは、優しくお付き合い続けてくださった皆さまのおかげです。本当にありがとうございます。そんな感謝の気持ちを込めて、ムーレック「秘蔵」の贅沢メンバーを迎え、10月16日(金)、17日(土)、18日(日)の3日連続であれこれやっちゃいます♪1日だけでも3日連続でも、ぜひぜひこの素敵な機会をお楽しみ下さい。

【Part1】⇒初日を飾って下さるのは、アフリカ・ジンバブエの伝統楽器「ムビラ」の奏者・実近修平さん。エネルギッシュな演奏からは想像もつかない!?ほんわか山口弁がキュートな素敵青年です。

【Part2】⇒2日目は、色んなことに本気すぎてどれが本職か分からない(笑)映像ディレクターの河野久美子さん。大好評のリバーフィールド製・カヤネズミストラップを好きな色で作れる、この日だけの素敵なフェルトカフェを開いていただきます。

【Part3】⇒最終日は、個人的には先生の顔が見たくて開いているような(え?)タイ民俗舞踊ワークショップ。本場タイの舞踊団に参加されている吉岡理恵さんが、今回も優しく…ときどきムチャ振りしながら素敵なタイダンスを教えてくださいます。

■音×宵:実近修平・ムビラライブ■【10/16(金)18:00~(約1時間半)】
【定員:20名くらい(予約優先)】【参加費:1000円(おまけ付)】※小中学生500円。小学生以下無料
※ライブに引き続きムーレックにて、実近さんを囲んで懇親会を開きます。参加費はお一人様1000円。食べ物or飲み物をお持ち寄りの方は無料とさせていただきますので、こちらもご参加ください♪

■原×極:河野久美子・フェルトカフェ■【10/17(土)14:00~(約2時間)】
【定員:10名くらい(予約優先)】【参加費:1200円(おまけ付)】
※特別な持ち物は不要です。初心者の方もOK。針を使うので、お子様と参加の場合はご相談下さい。
※河野さんのブログ⇒*RiverField* けもの道を歩いてみれば…。

■舞×解:吉岡理恵・タイダンスWS■【10/18(日)14:00~(約2時間)】
【定員:6名くらい(予約優先)】【参加費:1500円(おまけ付)】
※実際の舞台で使う、民族衣装も着ていただけます。※特別な持ち物は不要です。動きやすい服装でご参加ください。男性の方もOKです。
※これまでの様子はこちら。⇒1回目2回目3回目


2015年8月23日
【ムーレック・プレミアムシネマ~桃太郎 海の神兵~】

※ご希望の方にはDVDをお貸しすることもできます。

戦後70年を迎えた今年。なんだか、節目…を、無理やりつけられそうな空気をひしひしと感じる日々のなか、「こんな映画あるよ。やらへん?」とお声がけいただいて実現した、ムーレック・プレミアムシネマ。上映作品は、1945年、敗戦間近の日本で作られていた国策アニメーション「桃太郎・海の神兵」です。戦争が子どもたちのすぐそばにあった時代。その真っ只中に作られた作品を通して、多くの小さな命までもが否応なしに戦争に巻き込まれていった時代の空気感、それに抗おうとした製作者たちの平和への想いなどなど…を自由に感じ取ってもらえればと思います。
また、同日15時からは、「汝の敵、日本を知れ~Know Your Enemy,Japan~」の上映もあります。こちらは、戦時中に作られた様々な日本映画を接収し、それを寄せ集めて作られたもので、当時の日本人の暮らしや考え方をアメリカの視点から描いた、対日プロパガンダ映画です。“良い・悪い”や“正しい・間違っている”だけではなく、映画・映像を通して、子どもたちのすぐ近くに“戦争”という日常があった時代に思いを巡らせ、考えてみませんか?

■日時:8/23(日)■ ※入場無料
13:30~【桃太郎 海の神兵】 (旧海軍省制作・1945年) 上映時間:73分
15:00~【汝の敵、日本を知れ】 (アメリカ制作・1945年) 上映時間:63分

*映画上映中、カフェの営業はありません。長時間になりますので、水分補給できるものをお持ちください。
*ご予約は不要ですが、たいへん小さなお店のため、満席の場合は入場をお断りすることがございます。予めご了承下さい。


2015年4月24日~5月26日
【カヤネズミ命がけ環境向上作戦 Partちゅり~<:3)~】


みなさま。ごチュ~もく~♪日本一小さなネズミ「カヤネズミ」のさらなる知名度アップと環境改善のため、カヤネズミに関わる様々な分野のスペシャリストたちが結集した、“カヤネズミ命がけ環境向上作戦”。今回でなんとなんと3回目!パートちゅり~<:3)~<:3)~<:3)~が決行されることになりました!!ムーレックでは、4月24日(金)~5月26日(火)まで、カヤネズミをこよなく愛する茅人(かやんちゅ)による秘蔵&厳選写真およそ20点を展示するほか、特製ポストカードや実物大のカヤネズミが作れるフェルトキットなどの販売で、この作戦をお手伝いいたします♪

また今回の作戦では、カヤネズミだけでなく、彼らが暮らす「カヤ原」の多くの生き物たちのことも知ってもらおうと、初めての試みである「カヤ原フォトグランプリ」が開催されます。(詳しくはこちら→カヤ原フォトグランプリ
さらにさらに。5月2日(土)午後2時からは、「茅人(かやんちゅ)のカヤ原トーク」と題し、畠佐代子さん(全国カヤネズミ・ネットワーク代表)と、河野久美子さん(自然派映像ディレクター)による、お話会も。カヤネズミ保護の最前線を、とってもキュートな特別映像とともにお楽しみください♪この日にあわせフォトグランプリの結果発表も行います!!

■4月24日(金)~5月19日(火)【5月26日(火)まで会期延長!!】
日本一小さなネズミの大きな写真展◎親指ほどの大きさの日本一小さなネズミ・カヤネズミを大きな写真でご覧下さい。
※11~18時。期間中の水・木曜日は定休日です。 【入場無料】

■5月2日(土)14:00~(約2時間)■茅人(かやんちゅ)のカヤ原トーク
◎お話:畠佐代子さん(全国カヤネズミ・ネットワーク代表)×河野久美子さん(自然派映像ディレクター/リバーフィールド)
【定員:20名】(ご予約優先)【参加費:500円+ワンドリンクオーダー】
(※参加費500円分は全国カヤネズミ・ネットワークの活動に寄付されます。)


2015年1月24日
【たたみでごろんと。お試し気功レッスン】

新年明けましておめでとうございます♪ムーレックの新春イベントは、「初モノ」☆気功レッスンです。気功といえば、がっつり武道着を来て、崖か何かの上に立ってやるやつ…程度の、浅くかつウロっとしたイメージでおりましたが(笑)、健康・美容・護身術…と、ものすご~く、幅の広いものだそうです。さすが中国4000年…(それが浅い!?)。今回講師を務めてくださるのは、祇園と太秦にて気功教室をされている、長根あきさん。北海道出身の長根さんは、アイヌの楽器・ムックリの奏者でもあるんですよ。音が流れるように、気も流れていく…心地よい「からだのリズム」を一緒に感じてみませんか?今回は本格的な開講(になれば嬉しい♪)前の、お試しレッスン。限定8名となっておりますので、ご予約はお早めに!!

■日時:1/24(土)14:00~(約2時間)■
【定員:8名(予約制)】【参加費:1000円(お茶とお菓子付)】
※特別な持ち物は不要です。動きやすい服装でご参加ください。男性の方もOKです。

2014年のイベント

2014年~継続中
【毎月第2土曜はムーレック図書室読み聞かせの日♪】



ブックカフェ…とはひと味違う、ムーレックの図書室。店主たちがず~っと昔から好きだった本や、新たに一目ぼれした本、外国からのお土産絵本などなど、その数は600冊以上。その全部をご紹介…とはなりませんが、5月10日(土)から毎月第2土曜の午後2時~3時、図書室にて読み聞かせの日を始めたいと思います。子ども向けではありますが、大人ももちろん大歓迎♪何度も来て頂いた方も、気になるけれど入ったことはないという方もぜひいらして下さい。

★毎月第2土曜 14:00~15:00
※参加はどなたでもご自由に。もちろん無料です。
【今後の開催予定】 2015年1月10日、2月14日、3月14日、4月11日、5月9日、6月13日…and more.


2014年12月1日~7日
【EAT RED,THINK AIDS 2014】おなかで、こころも、つなげよう



12月1日は世界エイズデーです。自分たちの身の丈で、でも、ちょっとだけ何かを変えたい…と、この企画を始めて5回目の冬を迎えました。今年も、HIV/エイズへの理解と支援を示すレッドリボンにちなみ、『赤』をふんだんに使ったカフェメニューで皆さまをお迎えします。12月1日(月)~7日(日)までの期間限定です。この日のための新作メニューや、定番メニューのアレンジもありますよ~♪おなかも、こころも、あったかくなりますように…。

期間中の売上の一部は、タイのストリートチルドレンを支援しているNGO・アーサーパッタナーデック財団を通じ、子どもたちへのエイズ教育支援プロジェクトに寄付させていただきます。

■開催期間:12月1日(月)~7日(日)■ ※期間中の水・木曜日は定休日です。

【メニュー(予定)】
赤色ベーグルサンド(オムレツ&サーモンポテト)、赤色ケークサレ(トマト、パプリカ)、ベリーのデザートスープ、赤米withタイレッドカレー、パンナコッタ、お豆腐マフィンなどなど。


2014年11月24日
【タイ民族舞踊ワークショップ vol.3】



ムーレック秋の恒例行事!?タイダンスワークショップ。次はいつ??とのお声もいただき、おかげさまで第3回を迎えることとなりました♪ありがたや~。伝統的なタイの民族舞踊を、どなたでも楽しめるよう初心者向けにアレンジしたダンスレッスンと、タイダンスの歴史や文化などについてのお話会をセットにしました。各地方によって異なるというタイダンス。その奥深さを味わう…と同時に、普段の運動不足もしみじみ味わえます(笑)

今回も講師を務めてくださるのは、タイの舞踊団に参加し、本格的なダンス留学をされていた吉岡理恵さん。先生のように美しく!という野望だけは毎年募る店主'sです。もちろん今回も素敵な舞台衣装を試着していただけますよ♪今年は一日限り定員6名となっておりますので、ご予約はお早めに!!


■日時:11/24(月・祝)14:00~(約2時間)■
【定員:6名(予約制)】
【参加費:1500円(お茶とお菓子付)】
※特別な持ち物は不要です。動きやすい服装でご参加ください。男性の方もOKです。

ご予約のお申込み・お問合せは…
075-462-3311(11:00-18:00、水・木は定休)
info☆muelek.com(☆を@に換えて送信してください。)


2014年9月23日
【ちょっとマジメなコーヒーのお話】~ももカフェinムーレック~



カフェのなかで、カフェをやる…なんとも、マトリョーシカチックな今回のイベント。実は、かなりのスペシャルです!!!店長を務めてくださるのは、平井ももさん。若くして(いや今も若い!)タイのコーヒー農家支援プログラムを立ち上げ、関西の名店・ヒロコーヒーにて勤務。そして今度はJOCVとしてアフリカ・ルワンダへ…と、超パワフルな彼女が、美味しいコーヒーと一緒に、1杯のコーヒーに秘められたあれやこれやを熱く語ります♪
さらに!この日のために、北山・サーカスコーヒーの渡邊良則さん(コーヒー生豆鑑定マスター)が、移動式焙煎マシーンと共にご来店!豆の香りに包まれながら、ちょっとマジメにコーヒーのことを考えてみませんか?

■9月23日(火・祝)14時~17時頃まで■
【定員:10名】(ご予約優先)
【参加費:1000円】(※平井店長ゆかりの"タイ・クンチャンキアン村”の豆を使ったドリップコーヒー&渡邊さんの特製煎りたてコーヒー豆のお土産付)

ご予約のお申込み・お問合せは…
075-462-3311(11:00-18:00、水・木は定休)
info☆muelek.com(☆を@に換えて送信してください。)


2014年6月10日
【タイ山岳民カレン族に学ぶシンプルライフ】



昨年に引き続き、今年もタイから、山岳民カレン族の若者たちがムーレックにやってきます。今回お話をして下さるのは、ムムさん(21歳)とジッカーさん(25歳)のふたり。野鳥もWi-Fiも飛ぶカレンの山村で、守り継がれる「森の暮らし」とは…。若い世代ならではの視点から、山の民の知恵と哲学に迫ります。
今回は「ムーレック宵講」と題し、18時からのスタートです。いつもは時間が合わない…という方も、ぜひいらしてください。また、お話に引き続き、午後7時半頃よりムーレックにて懇親会を開きます。参加費はお一人様1000円。食べ物/飲み物を一品お持ち寄りの方は無料とさせていただきますので、こちらもご参加ください♪
前回、大好評だった「森のはちみつ」に加え、今回初お目見えとなる「カレンの森のコーヒー」も特別価格にて販売予定です。

■6月10日(火)午後6時~■
【参加費:500円】(カレンの森のはちみつと自家製スコーン付)

※ご予約は不要ですが、たいへん小さなお店のため、満席の場合は入場をお断りすることがございます。予めご了承下さい。


2014年5月24日
【ナッタヤーさんのソープカービング教室】



タイと聞いて思いつくのは…料理?ダンス??いえいえ。それだけではない、まだまだたくさんの魅力がありますよ~♪ということで!今回はそんな新たな一面をご紹介すべく、タイ・カービング(彫刻)の一日講座を開きます。
講師はタイ&日本で教室を持つ本格派、ナッタヤー・パヤラートさん。初めての方でも大丈夫!と先生からは心強いメッセージをいただいておりますので、ぜひこの機会にご参加下さい。小学生以上なら、お子様もOKです。

■5月24日(土)午後1時~■
★13:00~ *カービング体験(約2時間) ◎持ち物不要。作品はお持ちかえりいただけます。
【定員:10名】(要予約)
【参加費:2500円】(※材料費込。ワンドリンク付)
★15:00~ *ナッタヤーさんに聞くカービングの魅力
※のんびりお茶を飲みながら、タイのこと、カービングのことを話しませんか?(約1時間)

ご予約のお申込み・お問合せは…
075-462-3311(11:00-18:00、水・木は定休)
info☆muelek.com(☆を@に換えて送信してください。)


2014年3月22日
【カヤネズミ命がけ環境向上作戦 Partちゅ~<:3)~】



昨年大好評をいただきました日本一小さなネズミ「カヤネズミ」の写真展&トークイベント。しかし残念ながら、彼らの居場所はいまもなお減り続けています。そこで!さらなる知名度アップと環境改善のため、カヤネズミに関わる様々な分野のスペシャリストたちが再度結集し、“カヤネズミ命がけ環境向上作戦”パートちゅ~<:3)~<:3)~が決行されることになりました!!
今回はとっておき映像&トークそしてワークショップ・フェルトで作るカヤネズミの豪華二本立て♪可愛いイラストのカヤネズミポストカードや、生息域を調査した全国カヤマップ特別版などの販売もお見逃しなく。

■3月22日(土)午後1時~■
★13:00~ *映像&トーク
◎カヤネズミ博士に聞くでチュ。~映像(17分)とお話で知る“かわいい”だけじゃないカヤネズミの生態
※お話:畠佐代子さん(全国カヤネズミ・ネットワーク代表)
【定員:25名】
【参加費:1000円】
(※500円分が全国カヤネズミ・ネットワークの活動に寄付されます。)

★15:00~ *フェルトワークショップ(約90分)
◎カヤネズミってこんな小さいんでチュ。~フェルトで作る実物大のカヤネズミ。くねくねシッポもリアルに再現♪
※講師:河野久美子さん(ビデオ『ど~も、カヤネズミでちゅ』製作者)
【定員:10名】
【参加費:700円】(※前半後半を通してご参加の方は500円)


2014年3月15日
【ムーレックで考える被災地支援 2014】 いま私たちにできること



ムーレックで考える被災地支援。リレートークの第4弾です。
東北大震災からまもなく3年。『震災を忘れたらアカン!』との想いをもって、岩手県釜石市を訪問された元教員・山田純也さんの現地報告会です。ドキュメンタリー映画『3月11日を生きて―石巻・門脇小・人びと・ことば―』の上映(一部抜粋)とあわせ、いまだからこそ「私たちができること」を一緒に考えてみませんか?釜石市の人たちが復興への願いを込めて作ったキーホルダーなどのグッズも販売します。

■開催日時:3/15(土) 14:00~16:00 ■
■参加費:700円(ドリンク・お茶菓子付き)■
プロフィール

mue*lek

Author:mue*lek
ムーレック“のんびり、ちょっぴり、世界とつながる”をコンセプトに、アジアを主とする世界の子ども支援を目的とした、町屋スタイルのカフェ&雑貨ショップです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR