チョコっと、いかが?

お気付きの方、いらっしゃったでしょうか?
1月末の1週間ほど、店主②は店を空けておりました。
あまりの畳の冷たさに『もうやってられへん!!』となったわけではなく・・・、色々仕入れたり、人に会ったり、行ってみたかった所に足を運んだりするために!タイはチェンマイへ行ってきました。(≧∀)b


チェンマイと言えば~♪
P1215964_convert_20170206165715.jpg
やっぱり外せない!!いつも素敵で可愛い雑貨を届けてくれるDorDekGallery(ドーデックギャラリー)。(≧∀≦)



『ドーデックって?』という方のために。
P1215959_convert_20170206165643.jpg
DorDekGallery(ドーデック・ギャラリー)は、チェンマイでストリートチルドレンの支援を行うアーサーパッタナーデック財団が運営するギャラリーショップ。
現在までに500人以上の青少年への緊急支援・長期支援を行ってきた同財団が、肉体的・精神的な虐待や性的虐待被害にあった子どもたちへの精神的な癒しと自尊心の回復を目的として立ち上げたアートアクティビティーから生まれた作品を販売しています。



作品は、どれもオリジナルの一点もの。
おしゃれで可愛い作品から、思わず笑みがこぼれてしまう個性的な逸品までさまざまです。
同じデザインでも、選ぶ布、糸、ビーズなどなどによって、全く違うものが出来上がるから不思議~。
作り手一人ひとりのセンスが光ってます。(*^-^*)
P1215965_convert_20170206165734.jpg
毎度のコトですが、どれも素敵で面白くて・・・『どれ買って帰ろ。』と、選ぶのにめっちゃ時間がかかりました。(^-^;)



昨年から、アーサーパッタナーデック財団の支援を受けて高校を卒業した青年たちが中心になり、ドーデック・ギャラリーを運営してはります。彼女はその一人です。(・▽・)φ
P1215967_convert_20170206165831.jpg
不定期に開店していたドーデック・ギャラリーも、現在は毎日元気に営業中~。
チェンマイに行く機会があれば、是非ぜひ足を運んでみて下さい。(地図はコチラ。)



『チェンマイまではちょっと遠いわぁ。。。』という方には!
P1295986_convert_20170206165933.jpg
店主②渾身のセレクト商品はいかがでしょうか~??(≧∀)b



定番モノから、新作、珍作(笑)まで、色々揃っております。
P1295987_convert_20170206170019.jpg
お気に入りを探しながら、作品を作った子どもたちに想いを馳せてもらえたら嬉しいです。



もうひとつ。
偶然ですが、今回はドーデック・ギャラリーを運営する青年グループのワークショップに遭遇しました。
天然石のビーズを使ったピアスを作るワークショップです。
DSC_0333_convert_20170206173729.jpg
↑↑↑指導をするのは、ボランティアスタッフの出羽明子さん。



『可愛いアクセサリーが好き。』という女子も、、『ビーズ細工は初めて。』な男子も、真剣そのもの。
DSC_0344_convert_20170206173613.jpg
時々冗談を言い合って笑いが起こったりするものの、いつの間にかにシーンとなって、作業に没頭してはりました。



このワークショップの裏テーマ(?)は、“お客さんのニーズを考えてみる”コト。
自分たちの好きなものを好きなように作るだけでなく、『これって、どんな人が好きだろう?』とか、『どんなものを作れば、お客さんの目に留まるかなぁ??』というコトも考えながら、作品を作っていく練習です。
DSC_0337_convert_20170206173707.jpg
そんな彼らの姿を見ながら、『そんなコトを考えながら、ものづくりする大人になってきたんやなぁ。』と、しみじみ。
もう気分は近所のおばちゃんです。(笑)



そして!
出来立てホヤホヤの作品を買って来ちゃいました~♪
P1305988_convert_20170206170044.jpg
意外な才能(?)が開花するワークショップならではのものもあります。
誰がどれを作ったのか想像してみるのも楽しいですよ。(≧∀≦)
是非手に取って見てみて下さい。ませ。




“ストリートチルドレンが作ったものだから、買ってあげよう。”でなく、『これが好き!これを買いたい!!』と言ってもらえるものを作っていこう、と、始まったドーデック・ギャラリー。
ドーデックギャリーの作品には色んなストーリーが詰まっています。
もちろん、それを省いても素敵なものであるコトには変わりありませんが、お気に入りを見つけたら、チョコっとでもいいので『これはどんな子たちが作ったんだろう?』と想像してみて下さい。
きっと一目ぼれした時以上に、その作品のコトが好きになるはず。(*^-^*)




店主二。
スポンサーサイト

京都支店☆ムーレック。

『リハビリに~。』とゆうて、前のブログを書いてはや半月・・・。
いやはや、ちょっとやそっとではこの怠け癖は治りませんなぁ。(^-^;)
だ~いぶゆっくりのご報告になると思いますが、お付き合い頂けると嬉しゅうございます~。



さて。
今回チェンマイに行った目的は色々ありますが、そのひとつは、Muelekではお馴染みとなりました“なまけものの珈琲・LAPATO(ラパト)珈琲”を買いに行くコト。(≧∀≦) LAPATO珈琲の詳細はコチラ
そして!!
昨年末にオープンしたLAPATO珈琲のお店にお邪魔するコトです☆
IMG_20160111_145519_convert_20160215003415.jpg
チェンマイ市内から車で15分ほど。
国立公園近くにあるカフェスタンドみたいな、とっても素敵なお店が“Lapato Organic Coffee”です。



LAPATO珈琲が誕生して5年ほど。
“なまけもの”・パガヨーの人たちが作るコーヒーは『美味しい!』と評判で、少しずつファンが増えているそうです。(*^-^*)
IMG_20160111_133901_convert_20160215003433.jpg
人気が出て、ファンが増えても、相変わらず栽培から収穫、豆の精製、焙煎に至るまで、少人数での手作業。
丁寧に作られています。



一杯ずつ、ゆっくりと入れられるLAPATO珈琲の良い香りがふわぁ~っと立ち込める店内。
P1115237_convert_20160214233001.jpg
パガヨーの村のように、の~んびりした雰囲気が漂っているので、ついついボーっと長居してしまいます。



お店のカウンターには馴染みのあるロゴと商品が並んでいて、なんだか嬉しい。(*^-^*)
P1115236_convert_20160214232809.jpg
ちなみに、ペットボトルは『普通のドリンキングウォーターにラベルを貼ってみただけ~♪』だそうです。(笑)



コーヒー以外にも、森の恵みがぎゅっと詰まったメニューがいっぱい。
IMG_20160115_160906_convert_20160214233432.jpg
ノンタオ村のクイさんお手製の梅エキスと森のはちみつのソーダ。
Muelekでも真似して・・・もとい、リスペクトして!アレンジを加えてメニューに取り入れました♪



森のはちみつと村育ちのオーガニックライムがいっぱい入ったはちみつライムジュースもおススメ。
IMG_20160111_135742_convert_20160214233219.jpg
その他にも毎日届くチョコブラウニーやオレンジケーキもあります。どれも美味しかったなぁ~。(≧∀≦)




5年前。
初めてLAPATO珈琲の村・ノンタオ村に行った時にコーヒー作りをする理由を、『森の木を1本も切らずに育てたコーヒーが街の人たちに飲まれることで、森を守り、自然と共存してきたパガヨーの知恵や森と生きる暮らしについて知ってもらうひとつのきっかけになればと願っています。』と話してくれはった青年グループの一人・クイさん。φ(^-^)
IMG_20160115_160827_convert_20160214233415.jpg
そんな彼らの想いが詰まった美味しいLAPATO珈琲がいつでも飲めるLapato Organic Coffee
チェンマイに行かはる機会があれば、ぜひ足を運んでみて下さい。



でも!
『行って飲んでみたいけど、チェンマイまではちょっと遠いわぁ・・・。』という方に朗報です!!(≧∀)b
LAPATO珈琲や、完全無農薬&全部手作業の梅エキス、ただいまMuelekに入荷しておりま~す。
P2025540_convert_20160215000021.jpg
京都では、いや日本でも!通常メニューとして味わって頂けるのはMuelekだけ!・・・やと思います!!
『話のタネに~。』という入口からでも良いので、この美味しさを味わってみて下さい。



また。
チェンライ県にあるヒンラートナイ村&ヒンラートノク村のコーヒー・カレンの森のコーヒーのドリップパックも入荷してます♪
P1185455_convert_20160214233122.jpg
こちらも全行程手作業のオーガニックコーヒーなので、LAPATO珈琲との“飲み比べセット”で産地や作り手の違いによって生まれる味わいの違いを楽しんでみて下さい。



貴重な天然はちみつ“カレンの森のはちみつ”も少しですが入荷しました。
P1185460_convert_20160220180055.jpg
ファンの方はお早めに~。(*^-^*)




“なまけもの”という言葉とはうらはらに、とっても働き者のパガヨー(カレン)の人たち。
彼らが大切に守り、育てる森の中から届いた特別な贈り物とともに、彼らの考え方や想いに触れてもらえるように『京都支店・Muelek』としても頑張っていかんとなぁ~、と思いつつ・・・。
“本店”を見習って、のんびりなまけものになるのもいいかも~♪とかも思います。
え?ダメ??(≧∀≦)




店主二。

スプーンの魔法。

ちょっと・・・いや、だいぶ時間が開いてしまいましたが、Muelekレッドリボン“EAT RED,THINK AIDS”、今年も無事終了しました。
event-aidsday2015.jpg
世界エイズデーのコト知っている人も、知らなかった人も。たくさんの方に来て頂きました、本当にありがとうございます。
期間中の何日間か、私たちもびっくりするくらいの方に来て頂いてバタバタするコトもありましたが、なんとか粗相なく(笑)乗り切れたと思います。
『ちょっと話そうかなぁ~と思ってたんやけど・・・。』という方は、いつでもゆっくり話に来て下さい!お待ちしてます!!
期間中の“50円基金”についてのご報告は、またこのブログでご報告させて頂きます。(*^-^*)



さて。
EAT RED,THINK AIDS”期間中のメニュー、紅玉りんごジャムのロシアンティー。
飲んで下さったたくさんの方に『美味しい!』と言ってもらったので、調子に乗って続けてご提供するコトにしちゃいました~♪(≧∀)b
PC085166_convert_20151214144305.jpg
紅玉りんごとざらめ、バニラビーンズだけをゆっくり煮込んで作ったジャムと、ケニア紅茶のシンプルなレシピです。

Muelekのロシアンティーにはジャムが“スプーン3杯分”。
なぜ3杯分なのかと言うと・・・。
『ジャムを紅茶に入れて飲む』コトを教えてくれた知り合いのロシア人のおじいちゃん・Vさんが『ジャムを入れるなら、奇数じゃないとダメ。偶数では美味しくない。』と教えてくれはったからです。(≧∀≦)

色々試してみた結果、1杯やと物足りない、でも5杯やと甘すぎる・・・。
いい具合の甘味になるのは『スプーン3杯分がベストやな。』という結論に至りました。
ちなみに、Vじいちゃんはジャムを7杯入れて『美味しい♪』という強者でした。ん~、すごい。。。(^-^;)


人によっては『紅茶にジャムを入れて飲むロシア人なんていない!』という意見もありますが、Vじいちゃんはジャム入りの紅茶が大好きな人でした。
そんなわけで、Muelekではこれを『ロシアンティー』と呼ばせていただきます。(≧∀)b
『飲んだコトないわぁ~。』という方も、『甘いお茶はちょっと苦手』という方も、『ロシアンティー大好き!!』という方も、是非一度“スプーン3杯分の魔法”をご賞味下さいませ~♪♪♪



2015年も残り少なくなって来ました。
Muelekの年内営業は12月27日(日)までとなります。
PC255169_convert_20151225132125.jpg
今年一年もご愛顧いただき、ありがとうございました。
皆さん、良き年末年始をお過ごしください。




店主二。

新しい時を刻んで。

立冬が過ぎ、だいぶ秋も深まって来ましたが、庭の紅葉はまだまだ青々としております。
きれいな赤色になるのはもうちょっと先かなぁ~。(^-^;)
PB165134_convert_20151116152730.jpg
紅葉の色づきもまだまだこれからっぽいし、『秋?冬??・・・え!夏!?』みたいな天気も続いてますが、気付けば2ヶ月もしないうちに新しい年がやって来ます。
いやびっくり。∑( ̄ロ ̄)



さて。
『そろそろ新年の準備もし始めんとなぁ~。』と、思ってはる皆さん!
2016年はこんな素敵なカレンダーで、日々の流れを感じてみませんか~♪
koyomi_convert_20151115165435.jpg
となりの暦”は、ベトナム・カンボジアで『建物を建てない、お金を渡さない』をポリシーに活動するNGO・ARBAの、『それぞれの国をもっと近くに感じていたい。互いを尊敬する関係を創っていきたい。』という願いが込められたカレンダー。
このカレンダーを、今年はMuelekでも置かせてもらえるコトになりました~。(≧∀)b



卓上サイズのカレンダーには、ベトナム・カンボジア・日本のふとした日常風景がたくさん詰まっています。
PB165122_convert_20151116135734.jpg
そこに写るさまざまな“日常”を眺めながら、『きれいなトコやなぁ。』とか、『ここはどんな街で、どんな人らが暮らしをしてはるんやろ~。』とか、『なにこれ!なんか美味しそう。』とか、『え?え!?え~!!』とか・・・色んなコトに思いを馳せたり、想像してみるのも楽しいかも。(*^-^*)



“となりの暦”の大きな特徴は、ベトナム・カンボジアで活動されているARBAらしく、ベトナム語、カンボジアのクメール語、日本語の3つの言語とそれぞれの国の祝祭日が書かれているコトです。
3つの国に暮らす人たちが不便なく使えるのはもちろん、それぞれの国を“暦”を通して興味をもったり、理解するきっかけにもなるかもしれません。
PB165132_convert_20151116140008.jpg
ベトナム語が読めなくても、カンボジアのコトを知らなくても、日本の祭日なんか生活に関係なくても・・・“となりの暦”は、これを眺める人と3つの国を1年間ゆったりとつないでくれるはず。



国際交流のきっかけとして。
素敵な“日常風景”をインテリアに。
もちろん、ちゃんとしたカレンダーとしても!使い方は色々♪♪♪

となりの暦2016  
卓上カレンダー(CDサイズ) 1部 850円(税込)

現在、ARBAのホームページでも絶賛予約受付中ですが、Muelekでは前のめりに先行発売中~♪
サンプルも置いていますので、手に取って、じっくりとこの“暦”の良さを感じてみて下さい。
PB165130_convert_20151116135835.jpg
また、カレンダーの売上金は全てベトナム・カンボジアでのARBAの教育支援活動に活用されます。
活動状況はARBAのホームページにて随時報告して下さるので、『買っておしまい。』ではなく、両国の子どもたちとのつながりを感じたり、現地の状況などを知ることが出来ます。
そして、もっと興味が出てきたらARBAの活動に参加する・・・なんてどうですか~?(≧∀≦)

ベトナムの暦で過ごしたい人も、カンボジア時間で生活したい人も、やっぱり日本の休みがしっくりくる~という人も。
“となりの暦”と一緒に、新しい年の新しい時間を刻んでみませんか。




カレンダーつながりで、もうひとつ。
毎年、カレンダーの売上全額をMuelekの支援活動に寄付して下さっているHimajin工房さんの“野鳥カレンダー2016”です。
2016-calender_convert_20151115165532.jpg
こちらは、身近に暮らす可愛い野鳥たちが、季節ごとにお出迎してくれます。
鳥好き、自然好きの方は是非~♪

野鳥カレンダー2016
A3版 800円 卓上版(FDケースサイズ) 400円(いずれも税込)
*売上金はすべて、ムーレックが直接関わりを持つ団体・個人への支援活動に寄付されます。

ご興味ある方は、店主①か②にお気軽にお声掛け下さい。




さてさて。
先日、大事な友だちにと~っても可愛い赤ちゃんが生まれました。
“こんなに小さな手やのに、その中に握りしめてる未来は大きいんやろなぁ。”と、ン十年生きてきた(一応)大人としては身の引き締まる思いです、ハイ。
IMG_20151116_194255_convert_20151117123110.jpg
この子はもちろん、新しい時間を生きていくたくさんの子どもたちの未来が明るいものでありますように。(*^-^*)




店主二。

新しい仲間たち。

きれいな桜があっちこっちで見られますねぇ。
春ですねぇ~。(*^-^*)
P4050725.jpg
花散らしの雨も降ってますが、もうちょっと桜が楽しめそうで良かったです。


さて。
3月半ばから後半にかけて、店主②がお店に居なかったんですが・・・気付いてもらえてましたか?(笑)
2週間ほど春爛漫を通り越して、“ほぼ真夏”なタイはチェンマイへ。
店主①が『今、雪降ってる~!』とゆうてた日に・・・猛烈な太陽に晒されながら美味しい南国フルーツに舌鼓を打っちゃってました。(≧∀≦)
DSC_1578_convert_20150406130337.jpg
あ・・いや、ただ単に食い倒れてただけではありませんよ!ちゃんとお仕事“も”してきたのです!!



そんなわけで、ただいま雑貨コーナーには新商品がたくさん揃ってま~す。(≧∀)b
P4044372_convert_20150405235639.jpg
Muelekのお会計票ホルダーから、“人気商品”に昇格(?)したブタさんクリップ。



今回は、夏に向けて!?サングラス&海パンバージョンと水着バージョンが入荷しました。
P4044358_convert_20150405235712.jpg
相変わらず可愛いプリケツがたまりません。(≧∀≦)
海パンと水着がお揃いになってるものもあったりするので、お気に入りのブタさんを見つけて下さい。



ドーデックギャラリーでも素敵☆雑貨をいっぱい見つけました~♪
P4044394_convert_20150406000108.jpg
人気の“顔パース”↑↑↑も再入荷。
『欲しいのにいつもない・・・。』という方や、『選びた~い!!』という方はお早めに。



店主②のイチオシ、新商品の“バネ口ポーチ”。
P4044386_convert_20150406132439.jpg
シックな着物地を使った外側と、ポップな柄の内側のギャップがなんとも言えない可愛さです☆
是非パカっと開けてみて下さいな。



そして!
今回店主②が一目惚れしちゃったのがコレ!!φ(≧∀≦)φ
P4044378_convert_20150405235804.jpg
チェンマイのサンデーマーケットで見つけたキーホルダーです。
店主①から託されたお買い物リストにはありませんでしたが、運命を感じて京都へお越しいただきました。



P4044382_convert_20150405235841.jpg
タイの山岳民・モンの人々が大切に残してはったアンティークの布を使って、丁寧に作られた作品です。
じっくりと好きな柄や色を選んで下さいませ。



『雑貨にはあんまり興味ないんやけど・・・。』という方、こちらはいがか?(*^-^*)
P4044395_convert_20150406000143.jpg
スペシャルコーヒーイベント以来、“なまけものの珈琲”としておなじみのラパト―コーヒーと、これまた美味しい“森のはちみつ”でおなじみのヒンラートナイ村&ヒンラートノク村で作られたカレンの森のコーヒーのドリップパックです。



作られた場所は違えど、それぞれのコーヒーの木が育つ環境はどちらも恵み溢れる土地、きれいな水と空気、そして素敵な“なまけもの”マインド溢れる豊かな森の中。
P3284303_convert_20150406122451.jpg
カレンの人々が大切にする森から届いた恵みを、ご自宅でゆっくり、のんびり、“なまけもの”になって味わってみて下さいな。



何かと慌ただしいコトの多い春。
忙しいのも良いけれど、ぼんやりする時間も大切です。
そんな時は是非Muelekへ。
新入荷の雑貨&コーヒーとともにお待ちしておりま~す。




店主二。
プロフィール

mue*lek

Author:mue*lek
ムーレック“のんびり、ちょっぴり、世界とつながる”をコンセプトに、アジアを主とする世界の子ども支援を目的とした、町屋スタイルのカフェ&雑貨ショップです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR