FC2ブログ

猛暑に乾杯。

暑い・・・。
暑すぎる!!!Σ( ̄ロ ̄)
あまりにも暑すぎるせいか、Muelekの周辺もお昼間はひっそりしております。
その気持ち、よ~く分かります!!皆さんもお気を付け下さいませ。



さて。
“命の危機!?”を感じる暑さから解放してくれる(かもしれない)新メニューが登場しました~♪
その名も!Muelek自家製『梅しずく』です。
『ん?なんか聞いたコトあるような??』と思った方はMuelek通。(笑)
2年前にご好評いただいた“アレ”が、今年はバージョンアップして3種類になりました~。

まずは、ひとつめ。
梅しずく~にごり
P8047351_convert_20190804151912.jpg
福井産の無農薬栽培の青梅を使いました。
青梅の爽やかな香りと、まるで貴腐ワインのようなコクのある濃厚な味わいが楽しめます。
偶然ですが(笑)、にごりがより深い甘みを醸し出してくれているようです。



前回(詳しくはコチラ)“もののけの梅林”でめっちゃ楽しく収穫させてもらい、ウキウキと仕込んでものが立派に育ちました~♪♪♪
P6120023_convert_20190615124818.jpg



ふたつめ。
梅しずく~blonde
P8047350_convert_20190804151728.jpg
福井産の無農薬栽培の完熟梅を使いました。
まるでウィスキー樽で熟成させたような、とっても綺麗な琥珀色。
完熟梅らしい味わいと甘い香りが特徴です。



6月末。
Muelekの妖怪ポストに、いやいや、店主①のところに『そろそろ梅が熟して来ましたよ~。』という素敵なお知らせが来たので、またまた行って来ました、福井県若狭町。
目指すは完熟梅。いざ~♪
P6260103_convert_20190804152636.jpg
お手製☆梅狩り機もちょこっとバージョンアップさせ!はしごもお借りして!!万全の体制で挑んで参りました。(≧∀)b



今すぐ食べてしまいたい!と思うくらい甘い香りの大きな梅。
P6260116_convert_20190804152207.jpg
これを、今年店主①が見つけた“とある画期的方法”でジュースにし、1ヶ月間寝かせるコトで“梅しずく~blonde”が出来上がりました。(≧∀≦)



そして、みっつめ。
梅しずく~小梅
P7146128_convert_20170717121035.jpg
奈良産の低農薬栽培の青梅と完熟梅を使いました。
小梅故(?)香りはややあっさりしているものの、さっぱりとした甘さと爽やかな酸味が楽しめます。



この中で一番早く、6月頭から漬け込んでいました。
他のふたつが出来るまで気長に待っていてくれた(笑)、透明度が一番高い“べっぴんさん”です。
P6087347_convert_20190804153129.jpg



そして、そして。
梅しずく~三つ巴
P8047354_convert_20190804152050.jpg
それぞれの梅しずくの個性を一度に楽しめて、飲み比べ出来ちゃう!贅沢な(笑)セットです。
“少しずつ味わってみたい!”とか、“飲み比べって楽しそ~♪”とか、“ホンマに味違うの??”という方は是非。(*^-^*)



あ、さて。
今更ですが、Muelekはカフェです。
そして、もちろんアルコールの提供はしておりません。
なので、“梅しずく”はこんなビジュアルですが、原材料は梅&氷砂糖のみの、正真正銘☆ノンアルコールドリンク。(≧∀≦)
P6087345_convert_20190804152900.jpg
時々『なんか酔っぱらったような気がする~。ホントにアルコール入ってない?』と、お褒め(?)頂くコトもありますが、アルコールフリー、0.00%!!
ご機嫌さんになったとしても、それは単なる勘違いです。
がっかりせずに(笑)、たっぷりのクエン酸をお楽しみ下さいませ。(*^-^*)



厳しい暑さはまだまだ続きそうでが、暑さのピークは避けつつ、梅の秘めたる実力を堪能しにMuelekへお越し下さいませ~。
お待ちしてま~す。
チ~ン♪




店主二。
スポンサーサイト



だけんがほぉ。

思い起こせば1年半ほど前。
にほんちゃギャラリーおかむら・主宰の岡村友章さんが、Muelekでお茶会を開いて下さった時に、『お茶農家さんへ行ってみたいです!』、『あ、いいですねぇ。行きましょ、行きましょ。』というコトがありました。

昨年はタイミングが合わず、涙を飲みましたが・・・岡村さんが今年も声をかけて下さったおかげで!
行ってきました、熊本県。
P5147114_convert_20190518125734.jpg
いざ!“スターウォーズ”仕様機で~♪・・・は叶わず、隣に停まるLCC機に乗って・・・。(>_<)



さて。
今回お世話になったのは、熊本県山都町馬見原の岩永製茶園さん。
$RH5FTGR_convert_20190520165801.jpg
岡村さんが直前に訪れた対馬でお知り合いになったそうです。ご縁って素晴らしい。(*^-^*)



岩永製茶園は、三代続くお茶農家さん。
昔ながらの緑茶や釜炒り茶、コンクールで賞を取る紅茶などなど、全て無農薬栽培で作られています。
P5167337_convert_20190518152916.jpg
現在は、おちゃめで可愛いお母さんの周子さんと、優しく(時には厳しい?)とっても素敵な娘さんの智子さんのおふたりが切り盛り。
お世話になっていた二泊三日の間に、すっかりおふたりのファンになってしまった店主sです。



茶工場が併設されたおうちの前に広がる、無農薬栽培のお茶畑。
ただいま、ツヤツヤの新芽がすくすくと成長中~♪
P5157206_convert_20190518130702.jpg
う~ん、緑が目に染みるぅ。(≧∀≦)



無農薬栽培のお茶畑は、生き物パラダイス☆
P5167325_convert_20190518152229.jpg
てんとう虫や蝶々、アマガエル・・・いろんなコがあいさつしに来てくれました。(笑)



あ、さて。
現地では、面白いお話を聞かせてもらい、普段は見られないようなトコを見学させてもらい、美味しいご飯を食べさせてもらい、『だけんがほぉ(=だからねぇ)』、『おぜぇ(=怖い)』などの熊本弁を教えてもらい・・・オイオイ、普通に観光やないかい!?Σ( ̄ロ ̄)と言われてしまいそうなくらい、楽しい時間を過ごさせてもらいました~♪

本格的なお茶摘み&お茶作りシーズン前というコトで、厚かましくも“お茶摘み体験”。(≧∀≦)
P5157207_convert_20190518130936.jpg
『適当に、パッパと摘んだらいいんですよ~。』と、猛スピードで摘み進めていかはる、この道数十年のお母さん。す、すごい!
『お茶農家さんで手伝うコトも多いですし。』と、手際よく新芽を摘んでいかはり、次々と新しい木を任せられはる岡村さん。さ、さすが!!



お茶摘み初体験☆の店主①&②は、『これでええんやんなぁ??』、『え?これ新芽?ちゃう??』と、あーだこーだ言いながら、えっちらおっちら“作業”しておりました。
DSC_1619_convert_20190518175457.jpg
自分で摘んでみたお茶の葉は、なんとな~く光り輝いて愛しいです。(笑)



皆さんのかごにはどんどんお茶の葉が溜まっていくのに、なかなかいっぱいにならない店主②のかご。
DSC_1621_convert_20190519131214.jpg
ん~、かごがデカすぎたんやな、これ。(^-^;)まあ・・・そういうコトで。



お茶摘みの作業するコト、3時間ほど(+お茶休憩~♪)。
私たちがモタモタと楽しくお茶摘み体験している間に、なんと16キロものお茶の葉が集まってました。
P5157217_convert_20190518131607.jpg
『これで紅茶を作るので、まずはしばらく風に当てて葉っぱを程よく乾燥させます。』とのコト。
お茶作りを間近で見るなんて初めて~。もう、興味しかありません!!



お茶の葉が広げられたお部屋の中には、新鮮なお茶の香りが立ち込めて、『この上で寝転がりたい!』とゆうた店主①が、『それは絶対やめて。』と、冷静に断られてました。(≧∀≦)
ですよねぇ~。
P5157215_convert_20190518131330.jpg
それにしても、いい香り。
なんかもうこれだけで幸せな気分になっちゃいます。



半日ほど置いておくと、こんなふうに。φ(・_・)
P5167278_convert_20190518134650.jpg
水分が抜けて、3割ほど軽くなるそうです。



その葉を“揉捻機(じゅうねんき)”という、読んで字のごとく揉む機械に入れて1時間ほどもみもみと。
P5167279_convert_20190518134736.jpg
私たちがこの作業を見せてもらったのはこの日の2回目で、朝6時。(=_=)zzz
なんと4時から起きて作業されていたそうです。お茶農家さんの朝は早すぎる!!



ぐるぐる回る機械の様子と、もみもみされているお茶の葉の具合を見守る智子さん。
P5167270_convert_20190518131823.jpg
作業の合間に、機械や道具の説明、岡村さんの的確な質問や私たちがやいのやいのと聞くコトに答えて下さってました。
ありがたや~。



1時間後。
魔法のレバー(命名:店主②)を引っ張ると、揉捻機の底が『ガコっ』と下がり、いい感じに縒れた茶葉が出てきました。
P5167274_convert_20190521152542.jpg
これを数時間発酵させると・・・。↓↓↓



こんなふうになりました~♪(≧∀≦)
ちょっと紅茶っぽくなってきた~。
P5167304_convert_20190521153316.jpg
お伝え出来ないのが残念ですが・・・もうすでにめっちゃいい香りしてます!



これを専用のかごに入れ、まんべんなく広げて。
P5167310_convert_20190518150506.jpg



乾燥機に、入れるべし!入れるべし!!入れるべし!!!入れるべ~し!!!!(四段あるので。笑)
P5167311_convert_20190521153838.jpg
様子を見つつ、1時間ほど乾燥させます。



乾燥機から出て来ると、『あ、よう知ってる紅茶や!』という姿になってました~。
出来たてホヤホヤのお茶の香り・・・たまりません。c(>_<。)*
P5167313_convert_20190518150657.jpg
この時点で、茶葉は摘み取った時の三分の一以下の重量になっているそうです。
ひぇ~。Σ( ̄ロ ̄)



作業はまだ続き・・・湯気が見えそうなくらいホカホカの茶葉の中から、茎や上手く縒れてない葉、未熟発酵の茶葉などをひとつずつ取り除き、やっとこさ完成。
P5167318_convert_20190518152030.jpg
出来たてほやほや紅茶を試飲させてもらいました!ふんわりと良い香りが口の中に広がり、美味しい~♪
自分たちが、ちょこっとだけお手伝い(っぽいコトを)した紅茶やと思うと・・・さらに美味しい~♪♪♪

これだけの時間と手間暇をかけて、私たちの所へ“お茶”が来るんやなぁ、というのを実感しました。
なんかこれまで以上にお茶を美味しく頂けそうです、はい。(*^-^*)



今回、岩永製茶園の紅茶作りをお茶摘みから見せてもらい、色んなお話を聞かせてもらいながら、『あ、ここのお茶はホンマにお茶が好きな方が作ってはるんやなぁ。』というのを感じました。
岡村さんのように『この作り方が。』とか、『この香りが。味が。』とかは分かりませんが(笑)、すごく大事にお茶を育てて、大事に大事にお茶を作ってはるのを近くで見せてもらうと、『これだけのコトをして作ってはるお茶が美味しくないわけないなぁ。』という気持ちになってきます。
P5167292_convert_20190521162742.jpg
『そんなん気分の問題だけやんか。』と言われてしまいそうですが・・・ちゃうんです!こんなトコでね、こんな方が作ってはってね、こんなコト考えてはってねぇ!!と、言いたいコトが止まらなくなりそう。(≧∀≦)
お時間のある方は、店主sのしゃべくりにお付き合い頂けると有難いです。




嬉しいコトに。
量はそんなに多くないものの、今回出来た紅茶をMuelekに持って帰ってくるコトが出来ました。(*^-^*)
岡村さん曰く『飲みやすくて、甘い香りが特徴。』の岩永製茶園の無農薬栽培の手摘み一番紅茶、是非一度味わってみて下さい。
P5167295_convert_20190521162700.jpg
お茶をこよなく愛して、大変だけどお茶作りが大好きで、『美味しい』とゆうて自分たちのお茶を飲んでくれる人の顔を見るのが嬉しいと言わはる方の作るお茶。
“だけんがほぉ”、岩永製茶園のお茶は美味しいんですよ、きっと。




店主二。

亥~もの、いっぱい。

1月末から開いてたり、開いてなかったり、時間が短くなってたり・・・ちょっと謎な営業をしておりましたが、今週から通常営業しておりま~す。
P2086691_convert_20190212150955.jpg
“また長期休業か!?”とか“今度こそやっぱり・・・?”と、心配して下さった皆さん!!休みませんし、つぶれてません。(笑)



さて。
“謎な営業”の理由のひとつは、店主②がタイへ行っていたため。
亥年だけに(笑)、今回も素敵で可愛い“亥いもの”色々みつけて来ちゃいました~♪(≧∀)b
P2096693_convert_20190212152739.jpg
モン族の伝統的な布や柄を使かったポーチは、もはやMuelekの定番!
ですが、今回は趣向を変えて(?)ちょっとシックなピアスやヘアゴムなどが入荷しました。



店主②のイチオシはこちら~☆
ヘアゴムの刺繍は、とっても細かく繊細で素敵。
P2096694_convert_20190212152755.jpg
今の時期ならマフラー留めやスカーフ留め、アクセサリーとしても使える優れものです。



いつも可愛くアイデアいっぱい☆のドーデック・ギャラリーからは、定番モノも新作も色々到着~。
P2096699_convert_20190212152907.jpg
表情だけじゃなく、色使いや布の合わせ方がひとつひとつがぜん~ぶ違う顔パース。
ぜひ手に取ってお気に入りをみつけてください。



刺繍とビーズの可愛さが光る、鳥さんマスコット。
P2096701_convert_20190212152922.jpg



今回は、五連のモビールもありま~す。
P2096702_convert_20190212153005.jpg
こちらは一点ものなので、気になる方はお早めに~♪



店主①が『めっちゃ可愛い~!欲しい~!!』と、お気に入りの新作☆ゾウさんのキーチャーム。
P2096698_convert_20190212152850.jpg
ポップな布と可愛い表情にヤられました。(≧∀≦)



Muelekのドリンクコースターとしてもおなじみ。
スパチェット・スタジオからは、新柄コースターがたくさん入荷しました。
P2096709_convert_20190212153046.jpg
色鮮やかで温か味のある作品がお茶の時間を楽しくしてくれそう。



そして、そして!!
店主②がチェンマイの街中をぶらぶらしている時に出会った運命の逸品。(≧∀≦)
トボけた表情がなんとも心をくすぐって仕方ない、布バッジです。
P2096708_convert_20190212153122.jpg
チェンマイを中心とする古代王朝“ランナー”の壁画をモチーフにしたこの布バッジに一目惚れして買って来ました。
アウターやかばんなどのインパクトあるアクセントになるコト間違いなしです!!


この他に、Lapato organicの新豆も入荷しました。
今年のコーヒー豆もとっても味わい深くて美味しいですよ~。(*^-^*)
ちょこちょこと店頭やメニューに新しいものが増えていくと思いますのでお楽しみに。



あ、さて。
“謎な営業”の理由はもう一つあるのですが・・・それはまた別の話、というコトで。(≧∀)b




店主二。

猪口 de チョコ。

お正月休みが明けて、そろそろ1週間。
改めまして、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
DSCN2365_convert_20190104113253.jpg



あ、さて。
まだちょっとお正月気分が抜けてないかも・・・、という方(主に店主①と②??)のために、新年にふさわしい新メニューが登場しました~♪
その名も“O・TO・SOチョコレート”です。(≧∀≦)
2019-01-12-11-52-06_convert_20190113163116.jpg
お正月に飲んだお屠蘇が味はもちろんのコト、香りがすごく良くて、『これ、お菓子に使ったら美味しいかも~♪』というアイデアと『そろそろチョコが美味しい季節よねぇ~♪』という食い意地の下(笑)完成しました。
舌の上でとろける生チョコレートの食感と、お屠蘇の甘み&芳醇な香りをお楽しみ下さいませ。

(※本みりんを使った本格的なお屠蘇のためアルコール分を含みます。お子さんや自動車・バイクを運転される方はお控え下さい。)



お屠蘇を使ったチョコレート・・・ならば!やっぱり“お猪口”に入れた方が面白いかなぁ~、というコトでMuelek店主sが誇る!?猪口に入れてお出ししま~す。(≧∀)b
DSCN2400_convert_20190113221526.jpg
どのお猪口が出てくるかはお楽しみ~♬というコトで。



まだまだ『お正月気分を味わいたい。』という方も、『チョコレートが大好き!』という方も、“怖いもの見たさ”の方も(笑)、是非ぜひ“Muelekのお正月”を味わってみて下さい。
お待ちしてま~す。




店主二。

夜空のコーヒー、いかがですか?

少~しだけ涼しくなってきましたが・・・この夏の暑さは凄すぎました。
床の間にお花を飾ってすぐに萎れてしまうのが気の毒で、“ハワイアンレイ”の写真集を飾っております。
気付いてもらえてましたか?(≧∀≦)
DSCN2048_convert_20180903165018.jpg
それにしても・・・床の間の主・ピンクパンサーは何がやって来ても収まりがいい。(笑)



さて。
今年からMuelekの定番コーヒーとして皆さんに楽しんで頂いてる“なまけものの珈琲・Lapato organic Coffee”の新作が届きました~♪(≧∀≦)
DSCN1857_convert_20180827165316.jpg
その名も『満月珈琲~フルムーンコーヒー』!!
いつものロゴに『お月さん』が付いてます。(*^-^*)



満月の夜になると、植物の養分が葉や果実に集まり、より栄養価が高く、味の濃い作物が出来るという考え方の自然農法で、そのタイミングでコーヒーの実を収穫することで、より甘く、味わい深い、美味しいコーヒーが出来るんだそうです。
DSCN1799_convert_20180831125224.jpg
ラパトの生産者リーダー・クイさんが、昨年インドネシアを訪れた際にこの方法を知り、今年初めて挑戦したいつも以上にレアな逸品!!(≧∀)b
(Lapato organic coffeeの詳細はコチラ。)



満月の夜に、完熟した実だけを丁寧に手摘みして作られた満月珈琲は、果物か!?と思う(まぁ、果物なんですけど。)ほどの甘~い香りと、すっきりとした優しい味わいです。
fullmoon-02.jpg
ラパトのファンの方も、『そう言えばまだ飲んだコトないなぁ。』という方も、『満月珈琲?なにそれ!?』と興味津々の方も、是非一度ご賞味下さいませ~♪



パガヨーの村の、澄んだ夜空に浮かぶ月からこぼれ落ちてきたようなコーヒー、一杯いかがですか?





店主二。
プロフィール

mue*lek

Author:mue*lek
ムーレック“のんびり、ちょっぴり、世界とつながる”をコンセプトに、アジアを主とする世界の子ども支援を目的とした、町屋スタイルのカフェ&雑貨ショップです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR