ファインダーの向こう側。

最近ブログを書くたびに『さぶっ!』と『春ですねぇ~。』を繰り返してるような気がします・・・。
そして、これを書いてる今現在はめっちゃ寒い。(>_<)
DSC06676_convert_20130420122751.jpg
昨日までの陽気に誘われて咲き出した玄関の霧島ツツジがちょっと気の毒。(^-^;)



そんなおかしな天気を一気に吹き飛ばしてくれそうな、パンチの効いた写真展を開催します!
65301_546108302096673_1222799630_n_convert_20130420004731.jpg
カンボジアの首都プノンペンにあるスティングミアンチェイ地区。
クメール語で『希望の川』を意味する、このスラム地区に暮らすたくさんの子どもたちが通うチャリティースクール・VDTOと、10年以上に渡り支援を続け、『建物を建てない、お金を渡さない』をポリシーに活動するNGO・ARBAがとっても素敵な写真展を届けてくれました。



写真を撮ったのは子どもたち。
デジカメの使い方、写真の取り込み方、ホームページへのアップの仕方、ほとんど全てのコトが初めてだというのが信じられないほど、思わず『カッコいい!』と言ってしまう写真や子どもでしか思いつかない(?)アイデアいっぱいの写真、何気ない風景にその子の“まなざし”を感じられる写真・・・などなど、見ごたえある作品がいっぱいです。
01_convert_20130420121646.jpg
プロジェクトディレクターを務められているARBAスタッフの佐々木朝緒さんが『クメール語は分からないけど、通訳を通さずに、もっと子どもたちが見ているもの、感じているコトを知りたい。』と、始められたカメラを使ったワークショップ。
『子どもたちのまなざしってなにが写っているんだろう?』そんな素朴な問いかけには、もっと身の回りの人々、物事に関心を、そして愛情を持ってほしい。何より、カメラを持つ子どもたちこそが、世界の一部を構成する“かけがえ”のない存在であるコトに気が付いてほしい、という願いが込められています。



生きること・撮ること
~カンボジア・スラム街に住む子ども達が撮った写真展~

5月3日(金)~6月4日(火) *水・木は定休日
※入場無料
写真展開催中の5月26日(日曜日)に、プロジェクトディレクター・佐々木朝緒さんのトークセッションもあります。
こちらもお楽しみに~♪♪♪




blog.jpg
“小さな手”が握るカメラの、ファインダーの向こうに写る景色を覗くコトができる、ちょっと贅沢な写真展。
子どもたちのまなざしが、カンボジアという国、子どもたちの現状、そして国際支援のあり方など、いろんなコトを私たちに伝えてくれます。
是非ぜひ足を運んでみて下さい。




店主二。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mue*lek

Author:mue*lek
ムーレック“のんびり、ちょっぴり、世界とつながる”をコンセプトに、アジアを主とする世界の子ども支援を目的とした、町屋スタイルのカフェ&雑貨ショップです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR