FC2ブログ

星にも願いを。

梅雨やのに雨降らへんなぁ・・・と思っていたら、このところ毎日雨。
雨が降ってくれるのはいいけど、降りすぎはちょっと・・・と思う今日この頃。(^-^;)
P6203559_convert_20140704121920.jpg
ご近所さん宅から刈人・店主①が頂いてきた紫陽花が元気に床の間を飾ってくれてます。らぶり~☆



さて。
Muelekでは、ご注文頂いたカフェメニューの料金から一品につき50円を『れっくれっく(小さな小さな)プロジェクト』として積み立てています。
んで。
毎年、イベント時や特別メニューを除いた一年分の“50円基金”と、皆さんからお預かりした寄付金を併せて、店主①&②が『ここや!!』と思う、子どもの支援を中心に活動されている方や団体に寄付をさせて頂いています。
DSC06709_convert_20130727133948.jpg
フードメニューからも



P5281099_convert_20131123155836.jpg
デザートからも、



P6243613_convert_20140704124451.jpg
ドリンクからも50円。

50円基金のコトを意識して来て下さっている方も、『Muelekが好き!』といって遊びに来て下さる方も、たまたま通りかかって入って下さった方も、Muelekでカフェメニューを注文して下さった全ての方に“れっくれっくプロジェクト”にご参加頂いてます!ご協力ありがとうざいました~。m(_ _)m



昨年2013年に集まった“れっくれっく50円基金”に加え、『ぜひMuelekで!』とお預かりした寄付金を併せた、合計30000円を、今年はフィリピン・ミンダナオ島の児童養護施設ハウス・オブ・ジョイに受け取って頂きました。
hoj06_convert_20120525153036.jpg
店主①が作ったハウス・オブ・ジョイのオフィシャルビデオも是非ご覧くださいませ~♪


ハウス・オブ・ジョイには、様々な事情で親や家族と暮らすことの出来ない子どもたち37人が、代表の烏山さんやスタッフ、ボランティアの皆さんと一緒に暮らしています。
その子たちにとって、30000円って、どれくらいの役に立つものなんでしょうか??
やっぱり『分からんコトは聞いてみよう!』と、今回もハウス・オブ・ジョイのスタッフ&旅芸人サワムラさんに聞いてみました。


・お米が400キロ。
h15_convert_20140705124150.jpg
日本と同じようにお米が主食のフィリピン。
育ち盛りで食べ盛りな子どもたちの一日のお米消費量は、なんと10キロ!!
みんなが食べる40日分のお米に相当します。
いっぱい食べて、大きくなってね。(*^-^*)



・子どもたちの生活費1週間分。
h0413_convert_20140704172033.jpg
全員の食材やみんなが使う石けん、シャンプー、歯みがき粉などなど。大家族は消費量もハンパじゃございません!?



・子どもたちの半年分の文房具代。
h0113_convert_20140704172114.jpg
義務教育の間、公立学校は学費も無料ですが、文房具代は実費です。



また、『文房具が買えなくて学校に行けない・・・。』という子どもたちも多いため、
h0311_convert_20140704172050.jpg
ハウス・オブ・ジョイでは、近所の子どもたちが学校に行くための修学支援もされています。



・みんなでお出かけ。楽しいなぁ~♪
h0422_convert_20140704172015.jpg
週末、みんなで映画を見に行く時や海に遊びに行った時のお菓子代、約1年分になります。



・誕生日パーティーのケーキ代。
h046_convert_20140704171944.jpg
ハウス・オブ・ジョイに暮らす子どもたち、一人一人の特別な一日のためのケーキ代になります。



サワムラさんが誕生日ケーキにまつわる、こんなお話を教えて下さいました。
hoj07_convert_20120525153008.jpg
ハウス・オブ・ジョイには、時々『自分の誕生日を知らない。』という子も入って来ます。
出生証明書もなければ、継続的に育ててくれる親戚もなく、それまで誰かに誕生日を祝ってもらったこともないので自分の誕生日が分からない・・・そんな子もいるのです。

ハウス・オブ・ジョイで暮らすCくんも自分の誕生日を知りませんでした。
そんな時は、『よし!じゃあ誕生日を作っちゃおう!!』というコトにします。
“いつがいい??”と聞くと、だいたいみんな早く祝って欲しいので『今日!』とか、『明日!!』とか答えるのに、Cくんは違いました。

『僕はRちゃんのお隣の日がいいなぁ。』と答えたのです。
Rちゃんは、Cくんがハウス・オブ・ジョイへやって来て最初に仲良くなった友だち。
兄弟姉妹で入ってくる子どもたちが多い中、CくんもRちゃんもひとりでここへやって来ました。
そんな寂しさが二人の絆を強くしたのか、CくんとRちゃんは本当の姉弟のような大の仲良し。

隣の日にすれば、僕は自分の誕生日を絶対忘れないでいられる。
隣の日にすれば、僕たちは一緒に誕生日のお祝いができる。

ハウス・オブ・ジョイは、こんな友情が生まれる場所なんです。
さあ、ケーキの準備をしましょうね。



誰にとっても特別な日、誕生日。
大人になると『歳とるだけやし、もう特に嬉しくも・・・。』と思ってしまいがちですが、これから大きくなって行く子どもたちにとっては大きな意味のある一日なんだと思います。
そんな大切な日のお手伝いが出来るのかも、と思うと、なんだかジーンとしちゃいました。(T^T)



h04_convert_20140704171915.jpg
サワムラさんが教えて下さったコトの全てが30000円で出来るわけではありませんが、Muelekの畳の上で皆さんが広げて下さった“小さな手”がハウス・オブ・ジョイの子どもたちの“小さな手”に届き、明日の笑顔へとつながっていってくれたら嬉しいなぁ~、と思います。




大きなコトは出来ないけれど、希望に満ちた子どもたちの小さな手を握り続けたい!と思って始めた“れっくれっく(小さな小さな)プロジェクト”。
文字通りのホントに小さな活動で、店主①&②は相変わらずゆっくり&のんびりしてますが、これからも皆さんの“小さな手”を差し伸べて頂けたら幸いです。(*^-^*)




今日は七夕。
hoj02_convert_20120525153209.jpg
あいにくのお天気ですが。。。
私たちの想いが、50円基金に参加して下さった皆さん、そして、大きな未来を掴む小さな子どもたちの手に届くコトを笹やら、短冊やら、天の川やら、星やら・・・、とりあえず願いが叶いそうなものすべてに願いつつ・・・。(≧∀)b





店主二。
(**ハウス・オブ・ジョイの子供たちの写真は許可を頂いて使用しています。無断転載禁止!)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mue*lek

Author:mue*lek
ムーレック“のんびり、ちょっぴり、世界とつながる”をコンセプトに、アジアを主とする世界の子ども支援を目的とした、町屋スタイルのカフェ&雑貨ショップです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR